カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆石症 >
  5. 胆石症・胆管結石におすすめの食事

気になる病気・症状

胆石症・胆管結石におすすめの食事

 

体内にできる石を結石といいます。

その中でも、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る、胆のうと胆管。

肝臓から十二指腸への橋渡しをする臓器ですが、そこに出来てしまう結石を、胆石と呼びます。

 

痛みがあったり、かなり痛かったりと場所によって痛みも違うそうですが…。

胆管結石の症状は、様々です。

 

○ 胆石症とは

胆汁は、胃から十二指腸へ送られてきた脂肪を分解するのを助ける役割を果たします。

この胆汁に含まれる、コレステロールやビリルビン、カルシウムなどが固まってしまい大きく結晶となったものを、胆石と呼びます。

 

胆石(結石)の出来る場所によって名前が変わります。

 

◆ 胆内胆管結石:肝臓内の胆管にできたもの

◆ 胆のう結石:胆のう内にできたもの

◆ 胆のうから総胆管や、総胆管にできたもの:総胆管結石

 

○ 胆石症の症状

胆石症は、胆のうの中にあると症状が全くない場合もあります。

ところが、胆石発作、と発作の名がつくぐらい、激しい腹痛に襲われることもあります。

 

○ 胆石を作りにくくする食事

体の中の石ですから、やはり食事から摂った栄養分が石の原料になります。

 

◆ 摂った方がいいもの

・魚介類(タウリンが結石の成長を抑えます)

・たんぱく質

・食物繊維が豊富なもの

・ビタミンC、E(野菜・少量のナッツなど)

 

◆ 避けた方が良いもの

コレステロールは結石の主原料です。

脂肪分の多い食べ物は避けましょう

・マーガリン、マヨネーズ、マグロ、うなぎ、卵黄、天ぷら、サバ、肉類など

 

既に胆石症を発症している際は、脂肪分を含むものを食べると、食後30分から2時間ほどで、胆石発作が起こることが多くあります。

 

とはいえ、予防の段階で極端に脂肪抜きの食事をしていても、別の部分に悪い影響がでるだけ。

規則正しい食生活と、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。

 

[Photo by //www.ashinari.com/2013/02/05-376019.php?category=28]

著者: rippleさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

症状がなくても全摘出?胆のうを全摘出しても影響は少ない?日本人に多い胆石について

   健康診断などでコレステロール値が気になっている人は多いと思います。このコ...

尿管結石と胆管結石の違い

  凄まじい痛みが襲うという、結石。 尿管結石と胆管結石が有名かと思いま...


高コレステロールの方は要注意?胆石症・胆管結石の原因とは?

  肝臓から十二指腸へ、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る...

胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

  「胆のうと胆管」は、名前を知ってはいてもその機能については、あやふやな方が...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る