カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 知覚過敏 >
  5. 親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!

気になる病気・症状

親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!

よく親知らずの歯を抜いたら、奥歯がしみるようになってしまったという相談を受けます。患者さんにしてみればイヤイヤ歯を抜いたら、そのせいで違う症状が出てきてしまったみたいに感じられてるんですよね。

 

しかし症状が出るという事はなんらかの原因が存在するはずなんです。不安ばかりを大きくする前に原因をしっかりと理解しておきましょう!

 

知覚過敏

先程書いたように、親知らずを抜いてから奥歯がしみるようになったという方は少なくありません。

 

ではなぜ親知らずを抜くとしみるようになるのか?それは親知らずが奥歯とどう関わっていたかによります。

 

まず一番可能性が高いのが「知覚過敏」。

知覚過敏とは2層ある歯の層のうち外側の層がなんらかの理由でなくなり、その部分から2層目に刺激が伝わることで起こる症状の事を指します。

 

まだ歯ぐきの中に隠れていた親知らずを抜いたりすると、奥歯の後ろにぽっかりと穴が開きます。そうなると隣り合っていた奥歯の根っこが露出してしまい、知覚過敏の症状が引き起こされたりします。

 

虫歯

この場合、親知らずを抜くよりも前に、虫歯になっていたことが前提となります。

 

うまく生えてこれなかった親知らずと歯ぐきの間には隙間ができて、そこに汚れが溜まります。隣の奥歯との間にも汚れが溜まったりしますが、もちろんきれいにする事は出来ないですよね。

 

その結果虫歯になり、親知らずを抜くことで露出したその部分がしみるようになるのです。

 

対処法 

むし歯であれば段階に合わせた治療をします。

 

しかし歯の根っこが露出することで起こる知覚過敏に対しては、しばらく経過をみてもらう事が必要になります。親知らずを抜いたあと歯ぐきが盛り上がってきて、骨もしっかりとしてくれば、たいていのケースは改善されるからです。

 

歯を抜いたというだけでも不安なのに、痛みやしみるといった症状が他に出てきてしまったらもっと不安ですよね。

 

人によっては痛みや違和感が回復するまでに、抜歯後、数か月かかる方もいます。しかしきちんと対処すればちゃんと回復します。うがいなど1つ1つの行動を甘く見ずにしっかりとこなして治して行きましょうね。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: さだはるさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知覚過敏に関する記事

もう痛くない?消える知覚過敏の不思議

    Photo by: [http://www.pakutaso...

知覚過敏でもホワイトニングできる方法はないの?

  ホワイトニングで白い歯にするというのはもはや芸能人だけの話ではありませ...


知覚過敏?と思ったらオーラルケアチェックを!

  虫歯ではないのに、歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません。   知覚過敏...

歯が死ぬ?!甘く見れない知覚過敏!

  たかが知覚過敏だと思ってませんか?痛みは一時的な物ですぐに治まるし、す...

カラダノートひろば

知覚過敏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る