カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 知覚過敏 >
  5. ”食事をしない”が治療法?知覚過敏と酸

気になる病気・症状

”食事をしない”が治療法?知覚過敏と酸

 

知覚過敏とは2層構造になっている歯の1層目(エナメル質)が溶けるなどして2層目(象牙質)に刺激が伝わり痛みなどを感じる事です。

 

知覚過敏には歯の磨きすぎでなってしまう物もあります。
しかし歯を磨く事はいいはずなのに、なぜそれが原因で知覚過敏になってしまうのでしょうか?


それは歯ぎしりやスポーツなどで食いしばったりして、歯に大きな負荷がかかると歯の根元などがもろくなるからです。
もろくなった所をゴシゴシと強い力で磨けば段々と削れて行ってしまうのは当たり前ですよね。


そして原因がもう1つあります。
それは食事や水分補給時に摂取したによって歯が柔らかくなり、食後すぐに歯みがきをすることで歯が削られてしまうというものです。

 

 


【 酸が多く含まれる物 】

 

食事はどうしても避けられません。
しかも私たちが口にするほとんどの物が酸を含んでいるのです。

 

< 飲料 >
・果汁飲料 ・炭酸飲料 ・スポーツドリンク ・チューハイ ・ビール ・ワイン等


< 食物 >
・レモン ・グレープフルーツ ・梅干し ・ミカンやリンゴ等のフルーツ等


< 調味料 >
・お酢 ・醤油 ・マヨネーズ ・ドレッシング等


< その他 >
・滋養強壮ドリンク ・ビタミン系サプリメント(液状・顆粒状)等


ここには挙げきれないほど、本当にほとんどの物が酸を多く含んでいます。

 

 


【 対処法 】

 

これらの酸を一切口にしないようにするのは不可能です。
なので間違った行動をしないようにしましょう。


食後すぐは強い酸によって歯のエナメル質もむき出しになった象牙質もやわらかくなっています。
このように酸性の食事や飲み物を飲んだあとには牛乳チーズなどの乳製品を摂ると良いです。


その時なるべく時間をかけて飲み込んでください。
牛乳であれば噛むようにして飲むと効果的です。


そして食後1時間もすれば自然な働きで口の中の酸が中和されるので、そこでやっと歯みがきの出番です。

かたい歯ブラシでゴシゴシ磨くのではなく、やわらかい歯ブラシで細かく軽く磨いてくださいね。


ドラッグストアではやわらかい歯ブラシをあまり見ないので、見つからないようでしたら歯医者さんに行ってください。
歯ブラシの購入だけでも全然OKですよ。

 

 


普段体に良いとされる物が歯にとっては良くない物になってしまいます。
いつまでもおいしくご飯を食べるためにも、正しいタイミングで歯みがきをしましょうね。

 

(Photo by:著者)

著者: さだはるさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知覚過敏に関する記事

知覚過敏の人におすすめなのは〇〇がない歯磨き粉

  冷たいものなどを食べると歯にズキズキとしみて、食べたいものもなかなか食...

親知らずを抜いたら知覚過敏になった?!

よく親知らずの歯を抜いたら、奥歯がしみるようになってしまったという相談を受...


病院での知覚過敏の治療はどんな風に行われる?気になる治療法について

    知覚過敏は歯の象牙質が露出することで食べ物、特に冷たいものがしみてし...

象牙質が露出されることで起こる「知覚過敏」

  知覚過敏は歯がしみるというのが主な症状です。   歯磨き粉のコマーシャル...

カラダノートひろば

知覚過敏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る