カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 姿勢 >
  4. 頭に乗せるだけ!ペットボトルエクササイズで姿勢を正そう ★図解イラストあり

美容・ダイエット

頭に乗せるだけ!ペットボトルエクササイズで姿勢を正そう ★図解イラストあり

必要なのはペットボトル1つ!

 

以前テレビなどで、モデルさんがウォーキングの訓練として、頭にペットボトルを乗せながら歩かれていたのをご存知でしょうか?


今回はウォーキングのエクササイズではなく、静止したまま、もしくは、ゆっくり歩くだけのものですが、おなかに力を入れて動作を行うことで体幹を鍛え、脚を太ももから上げるように歩くので姿勢矯正とともに脂肪燃焼効果もあります。


今回は、静止状態で行うものと、肩甲骨を動かしながら、直線を歩くものの2つをご紹介したいと思います。

 

<スタティックバランス>:静止状態
基本は、左右の足を1本の線上に乗せてバランスをとりながら、体幹を鍛えるというものです。前方に出す脚を入れ替えることで、体の左右の歪みを調整する効果があります

 

1. まず、1本の線上に足を前後に開き、バランスを取る。
身体がふらつかないよう、お腹と内ももにギュッと力を入れる。足の間は靴2足分開き、つま先は直線に沿ってまっすぐ前に向ける。

 

2. ペットボトルを頭に乗せて背中で腕を組み、60秒キープする。
肩を開き、背筋を伸ばして、背中で腕を組む。ピンッと背中のラインが張った状態に。この時ラインが曲がると効果が半減してしまう。

 

<ダイナミックバランス>:肩甲骨を大きく動かし、直線を歩く

左右20回ずつ繰り返します。

 

1. ストレートバランスと同じ、基本の姿勢をとり、体幹を意識しながらペットボトルを頭に乗せる。

 

2. 片方の手を後ろに引き、同時に手と同じ側の足を前に出す。しっかりと肩甲骨を使って、二の腕を後ろに引く。太ももの角度が90°になるまで足をあげる

 

3. 前に出した足を後ろに蹴り出すのと同時に、後ろに引いていた手を前に戻す(肩をせり出すような感じで)
(お尻と太もも裏の筋肉を意識しながら、足を後ろに蹴り出す。)

 

最後に

 

いかがでしたか?

お手本があれば簡単な動作でも、文字で読むと難解に見えてしまうことは多いと思います。いずれの方法も、肩を開いて、腰周りに力を入れるという動きの基本は同じです。
東洋医学に「肋骨が開けば、骨盤は閉じ。肋骨が閉じれば、骨盤は開く」という基本の概念があるようですが、まさにその考えを体現したものがこのエクササイズです。体は全てのパーツが関連しあっています。姿勢を正したいときは、骨盤周りを正しい位置に固定させることから始めてみてください!

 

(Photo by://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/02/00/27/yoga-20647_640.jpg?i)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

姿勢に関する記事

骨盤底筋を鍛えて美しくダイエットしよう!骨盤底筋が体型に与える影響

ダイエットをするときに、インナーマッスルが大事だという話は昨今よく耳にします...

どうしても猫背になっちゃう…姿勢を良くする方法って?

       猫背だと 言われても、言われた本人は、姿勢を良くするコツや具体的...


頭が傾いてると顔のゆがみが生じる!顔のゆがみを改善するストレッチとは ★図解イラストあり

頭が真っ直ぐではなくどちらかに傾いていると、骨や筋肉や脂肪の位置も変化し、顔...

カラダノートひろば

姿勢の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る