カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 便秘 >
  4. 食べ物 >
  5. 理想は「赤ちゃんの腸内環境」

女性のカラダの悩み

理想は「赤ちゃんの腸内環境」

 

便秘知らず・下痢知らず、そんな理想的な腸内環境とはどんなものなのでしょうか?

実はそんな腸を持っているのが赤ちゃんなのです。

 

<赤ちゃんの腸が元気なワケ>

 

生まれてきた赤ちゃんは母乳を飲んで育ちます。

腸内では母乳に含まれる乳糖をエサに「善玉ビフィズス菌」が増えていき、生後一週間になると腸内の95%もの細菌が善玉ビフィズス菌で満たされていることがわかっています。

 

ビフィズス菌をはじめとする腸内の善玉菌がたくさんあると便秘や下痢をしにくい環境を整えてくれるのです。

 

しかし、赤ちゃんもずっとこのような理想的な腸内環境であるというわけではありません。

離乳食が始まることで腸内のビフィズス菌の割合が低下してしまいます。

そして加齢悪い生活習慣でいると、この割合がさらに下がってしまいます。

 

<ビフィズス菌を増やすには?>

 

・乳糖やオリゴ糖を摂取する

ビフィズス菌のエサになるのが乳製品に含まれる「乳糖」とタマネギごぼうに含まれる「オリゴ糖」です。

 

ビフィズス菌は乳糖を分解することで腸内を酸性にし、悪玉菌の発生を抑えてもくれます。

特にヨーグルトは乳糖に加えてビフィズス菌の繁殖を促す成分も入っているのでより効果的です。

 

オリゴ糖は消化されずに腸まで届き、ビフィズス菌にのみ利用されます。

ビート由来の液体状のオリゴ糖も売られているので、砂糖やハチミツの代わりとして手軽に摂取することもできます。

 

・食物繊維を多く摂る

食物繊維は善玉菌が住みやすい環境を作り、繁殖しやすくしてくれます。

 

・過剰なタンパク質や脂肪、合成保存料を避ける

これらはビフィズス菌を減らす原因になってしまいます。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/06/14-022290.php)

著者: ライプニッツさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物に関する記事

朝食が腸に与える影響は?朝食が美肌やダイエットに繋がる美腸を作る?!

「便秘に悩んでいる」「腸内環境が悪いのよ」と自覚症状はあるのに、あまり重要視...

薬は自分にあったタイプを!便秘薬には2つのタイプがあること知ってる?!

便秘薬にはその成分・役割によって大きく2つに分けられます。 タイプの違いを知って...


便秘に効く!おいしい&ヘルシー、便秘解消デザートレシピ

おいしいデザートは食べたい!!でもカロリーが…そんなあなたに便秘にも効いて、...

お通じが悪くて悩んでいる…こんな時、どんなシリアルを食べればいいの?症状別!シリアルの種類

お腹の調子が悪く、なかなかすっきりと排便が出来ない・毎日不快に感じる…そんな方...

カラダノートひろば

食べ物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る