カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔にとって市販薬は一時的な助けと考えよう

気になる病気・症状

痔にとって市販薬は一時的な助けと考えよう

 

手軽に買えて痛みを抑えてくれる市販薬ですが、多くの場合は根本治療にはならないのもまた事実。

市販薬はあくまで病院へ行くまでの期間をしのぐものと考えて、医師の診断をきちんと受けることが必要です。

 

とはいえ仕事が休めなかったり、旅行先だったりとすぐには病院へ行けない場合もありますよね。

市販薬でしのぐ期間の目安としては10日〜2週間です。

この間市販薬をつかっても症状が改善しない場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

<注意したいステロイド>

 

市販薬とはいえ強力な成分が使われていることもあります。

ステロイド副腎皮質ホルモン)系の成分が含まれるものを長期間使っていると粘膜のただれなどの副作用を起こす場合があります。

こうした可能性もあるため、市販薬で治そうとせず、できるだけ早く病院へ行くことが望まれます。

 

<病院の検査で他の病気が見つかることも>

 

痔の検査によって別の病気が見つかる、もしくは痔だと思っていたのが本当は違う病気だった、というのは決して少なくはありません。

自己判断によって市販薬で済ますのではなく、専門家の診断を仰ぎましょう。

 

<一番の薬は生活習慣の見直し>

 

薬による症状の改善も確かに必要ですが、痔の治療には生活習慣の見直しこそが一番の薬であると言えます。

痛みを抑えて終わりと考えるのではなく、根本的な部分から治していく心構えが大切なんですね。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349530.php)

著者: ライプニッツさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

痔に関する記事

日常生活の中で意外にお尻に負担が!?隠れ痔に悪い、日常生活の意外な行為とは?

自分でも気づかない内に、病気が進行していることはよくあります。その中で、痔が...

排便時などティッシュや便に少量の血液が!

血便の症状があらわれたときは、慌てずによく便を観察しましょう。 量の少ない...


痔の薬は大きく分けて3タイプ

   市販薬も処方薬も、痔の薬は3つのタイプにわけられます。 これらを症状に...

それって痔? よく似た別の病気③

  痔だと思っていたら、実は全然違う病気だった!? こんなことは珍しくありま...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る