カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 緑内障 >
  5. 急性緑内障は発作後24時間以内が勝負!

気になる病気・症状

急性緑内障は発作後24時間以内が勝負!

 

 

 

急性緑内障発症後24時間以内に適切な治療を受けることが鍵となります。

発作からどのくらい時間が経過しているかで、対処法も違います。

症状が出たら、すぐに受診が必要です。

 

急性緑内障発作とは?

 

中高年の女性遠視の人に起こりやすいと言われています。

水晶体と虹彩が接触する瞳孔ブロックが起きて、房水の流れがせき止められます。

さらに、虹彩によってシュレム管が塞がれて、房水が眼球内に溜まってしまいます。

 

急性緑内障の治療の流れ

 

1.発作がおきてすぐに処置できる場合は、応急処置として、点眼薬や点滴で眼圧を下げて、激痛を和らげます。

2. 薬物療法を受けた人も、受ける時間がなかった人もレーザー虹彩切開術をします。

 

レーザー虹彩切開術は、レーザーを照射して、虹彩の一部を切開します。

すると、隅角が広がって、シュレム管から房水が排出されるようになり、それ以上の進行を食い止めます。

 

しかし、発症後3日以上経過してしまうと、レーザー虹彩切開術の効果はほとんど期待できないので、手術になります

 

また、発作を起こした人の約半数は、もう一方の目にも発作がおきます。

そこで、予防のために、虹彩切開術を最初の切開術を受けた後に日を改めて行います。

 

急性緑内障は発作後48時間以内に処置をしないと失明の可能性が高くなります。

激痛などの症状があったら、すぐに眼科を受診してください。

 

 

 

(Photo by://www.gatag.net/05/18/2009/150000.html)

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

緑内障に関する記事

緑内障のセルフチェック

    緑内障はほとんどの人の場合、自覚症状のないまま病気が進行します。   ...

自覚症状がほとんどない!?緑内障チェック

年を重ねるごとに目に異常を感じる人が増えてきます。その中でも緑内障は年々増えてお...


正常眼圧緑内障の治療法って何?

   40歳以上の28人に1人が正常眼圧緑内障と言われています。 正常眼...

失明原因第一位!緑内障ってどんな病気?

緑内障は、日本では失明する原因の第一位となっています。どのような病気なのでしょう...

カラダノートひろば

緑内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る