カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝血管腫 >
  5. 聞きなれない肝血管腫(かんけっかんしゅ)は良性の腫瘍??精密検査が必要な理由とは

気になる病気・症状

聞きなれない肝血管腫(かんけっかんしゅ)は良性の腫瘍??精密検査が必要な理由とは

健康診断

人間ドックの結果で肝血管腫と書かれていたら、聞きなれていない分、心配になりますよね。肝血管腫は検査をするまでは自覚することがほとんどないため、自覚することができません。

肝血管腫の原因や状態などをまとめました。

 

肝血管腫とは?

肝臓には血液が豊富に流れています。そのために、血管に腫瘍ができやすくなっています。肝血管腫は、肝臓にできる腫瘍の中でも、もっとも頻繁に見られる肝血管にできた良性の腫瘍です。  

  

肝血管腫の症状

肝血管腫は良性の腫瘍なので基本的に症状はありません。まれにですが、大きくなり過ぎて腹痛が出る、肝血管腫が破裂して腹痛や貧血になる、といった方がいます。  

 

肝血管腫の検査

人間ドックでは超音波検査などで見つかることが多いようです。ただし、肝血管腫なのか肝ガンのような悪性腫瘍なのかを鑑別しなければいけません。

 

特に、肝ガンになりやすい肝硬変やウイルス性肝炎の方は要注意です。超音波検査だけではハッキリとした鑑別が出来ないので、MRI検査や造影剤を使ってのCT検査を行います。

 

数ヶ月後に再検診の理由

肝血管腫は良性腫瘍なので大きさが急激に変わる事はありません。 

対して悪性腫瘍(肝癌など)の場合は、成長が早いので三ヶ月後に大きさに変化が見られます。 

 

肝血管腫は良性腫瘍でガンになる事はありませんので、見つかっても安心して大丈夫です。とは言え、肝血管腫とよく似た形の肝ガンもあるので、精密検査だけは受けておきましょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝血管腫に関する記事

肝血管腫はどんな検診で見つかるの?超音波・CT・MRI…画像診断で見つかる肝血管腫

腫瘍というと、生きていく上で体の異変が生じてできてくるものというイメージがあり...

基本は無症状の肝血管腫…でも進行していくとどうなるの?

  体の中に異変があったからと言って、そのすべてが体に悪影響があるものではあり...


腫瘍があっても「治療しない」が多い肝血管腫 腫瘍が大きい場合は手術の可能性も…?

  「肝臓の中におできのようなものがあります」と言われてもいまいちピンとこない...

「原因不明」で起こる肝血管腫!原因は先天的なもの?!

  人の体の中にできる腫瘍は、体の組織がコブのようにもりあがってできます。この腫...

カラダノートひろば

肝血管腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る