カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 解離性障害 >
  4. 耐え難いストレスは要注意!解離性障害

メンタル

耐え難いストレスは要注意!解離性障害

解決が困難な状況など耐え難い大きなストレスを受けた時は要注意!

例えば、ご主人からDVを受けていたり、会社やご近所間の対人関係に悩んでいるなど、解決が困難な状態である&強いストレスを受けている方は常に緊張状態にある為、神経が酷く疲れてしまいます。そうなると精神面に支障をきたしてしまう場合が多いのです。

 

イライラが続く日々。最近は記憶が部分的に抜け落ちるようになってしまった。これは何か病気?

強いストレスやショックなどから起こることがある精神疾患が「解離性障害」です。DVや虐待を受けた方や環境的に深刻な問題が生じ、耐え難い強いストレスを受けた場合に発症します。

 

解離性障害の症状は、記憶が部分的に抜け落ちてしまい思い出すことが出来なかったり、自分の意志とは関係なく急に別人格になってしまったりします。

 

以下で紹介する解離性障害の種類と症状は、耐え難いストレスから自分自身を守る為に起こるものだと考えられています。

 

解離性障害の種類と症状

1.解離性建志

数時間~数日の記憶が抜け落ちてしまいます。極まれに自分の名前まで忘れてしまう場合があります。

 

2.解離性遁走

突然前触れもなく会社や家庭から失踪してしまいます。遁走中は自分の事を忘れてしまっていますが、大抵2,3日で帰ってきます。ただ稀に数か月に渡り失踪してしまう場合があります。

 

3.解離性昏迷

意識がもうろうをした状態になり、外部から刺激を与えても全く反応しない状態です。

 

4.解離性運動障害

何の前触れもなく突然動けなくなってしまいます。歩く、立つ、しゃべるという行為が出来なくなってしまいます。

 

5.解離性知覚麻痺

知覚と言われる部分に異常が起こります。皮膚の感覚がなくなる症状が多いのですが、見えなくなってしまう、聞こえなくなってしまうといった症状がでる場合もあります。

 

6.解離性同一性障害

多重人格の症状です。自分の中に複数の人格が存在する状態です。本来の自分以外の人格が現れている時の事は記憶に残っていません。

 

解離性障害の治療 

つらい体験や強いストレスから起こる一種の防衛反応が解離性障害ですから、本人が安心できる環境にする事が一番大切です。

 

解離性障害は必ず完治する病気です。時にはカウンセリングを受けながら安心できる環境で生活することをお勧めします。

(photo by: //www.ashinari.com/)

著者: akiakiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解離性障害に関する記事

解離性同一性障害であらわれる「人格」 人格と交代人格と基本人格…何が違うの?

  普通の人は昨日の自分は今の自分とは違うということ起こりえません。 昨日の...

解離性健忘(記憶喪失)に対する催眠療法の効果について

  ドラマの劇的演出としてよく登場する『記憶喪失』。精神医学の正式名では『解離...


なぜ忘れる?解離性健忘…健忘には5つのタイプがあります!

  「特定の出来事や記憶を想起できない」という想起障害を健忘と言います。健忘は...

解離性健忘(記憶喪失)の治療例について

解離性健忘が起こると病院ではどのような対応をするのでしょうか? 一例をここにま...

カラダノートひろば

解離性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る