カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 白内障 >
  5. 白内障の手術を受ける方は、手術前に是非知っておくべきこと。

気になる病気・症状

白内障の手術を受ける方は、手術前に是非知っておくべきこと。

 

 

白内障の症状が進行し、視力障害が深刻になると手術が行われます。

手術前に必要な知識を調べました。

 

眼内レンズ

・白内障の治療で、水晶体のにごりを取り、視力を回復できるのは手術だけです

 

・手術では、にごった水晶体を取り出し、代わりに人工レンズを挿入します。このレンズを眼内レンズといいます。

 

眼内レンズは、直径約5.5ミリの丸いレンズに、弾力性のある脚が両方についています。

この脚が嚢の間に収まり、レンズを安定させてくれます。

 

眼内レンズの寿命は30~40年以上と言われてます。

 手術を受ける年齢を考えると、取り替える必要はないです。

 

眼内レンズはレンズがプラスチックやシリコン、アクリルでできている軟らかいタイプとPMMAという硬いプラスチックでできた硬いタイプがあります。

 

・眼内レンズの軟らかいタイプは最近の主流で、折り曲げて入れることができるので、切開部が小さく済みます。

硬いタイプは、そのままの形で入れるため、切開部は大きめになります。レンズによる性能の差はありません

 

・どの材質のレンズを選ぶかは、手術のときの角膜の状態や乱視の度合いで医師が判断します。

 

 

「見え方」を決める

眼内レンズは水晶体と異なり、ピントの調節機能ができません。

 

・水晶体は厚みを変えることで、自然にピントを合わせています。

しかし眼内レンズの厚みは常に一定なので、レンズの度によって決められたピントしか合いません。

 

・ピントの合う距離が決まっているので、手術後の生活は眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。

 

・眼内レンズのピントは3種類あります。

1.近くにピントを合わせる

近視の状態になるので、遠くを見るときに眼鏡やコンタクトを使用します。

家事・仕事・読書をする人向け。

 

2.遠くにピントを合わせ

老眼と同じ状態になるので、老眼鏡を使用します。

野球やサッカー、演劇を見る人向け。

 

3.中距離にピントを合わせ

手元を見るとき、映画やテレビを見るときなどに眼鏡やコンタクトを使用します。

家事やテレビを見る人向け。

 

手術を受ける前に、手術後の理想のものの見え方を医師と相談しましょう。

 

 

(Photo by: //www.gatag.net/01/14/2010/130000.html)

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

白内障に関する記事

白内障の初期治療

      白内障は病気が見つかったり、眼のかすみや視力が落ちるといった症...

白内障手術を受けるまえに 0手術の流れについて知ろう0

    白内障の手術はいくつかの方法があります。この記事では、白内障の手...


秋だって紫外線は降り注ぐ!目に降り注ぐ紫外線が白内障を引き起こす!?秋も続けたい予防法

秋になると読書などで目をよく使うことから、眼精疲労などに対する十分な注意が必要...

白内障の手術後はどう過ごすの?

  白内障の手術は10~15分程度ですぐ終わります。 なので、白内障手術後の...

カラダノートひろば

白内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る