カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口臭 >
  5. 生理的・病的の口臭や舌苔が原因?気になる口臭について

気になる病気・症状

生理的・病的の口臭や舌苔が原因?気になる口臭について

kousyuu.jpg

最近、口臭が気になる…

■口臭ってなんだろう?


呼吸や会話をするときに、口から出る息がにおって他人が不快に感じるのが口臭です。
口臭は人間関係に影響する非常にデリケートな問題ですが口臭の発生原因を知ってきちんと予防対策を行えば口臭のことで悩むことはありません。

■口臭にはいろいろな種類があります


・誰にでもある生理的口臭

口臭は、起床直後に最も高い値を示します。
夜間、唾液の分泌が減り、細菌が増殖して口の中の汚れ成分を分解し、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)が作られるからです。
誰でもこのような生理的口臭はみられます。

・飲食物、嗜好品による口臭

タバコ、にんにく、ネギ、コーヒーなどを食べた後の口臭は、口の中に残った食べカスが直接臭う場合と体内で吸収された臭い物質が血液によって運ばれ、やがて肺から呼気として排泄される場合があります。

・治療が必要となる病的口臭

病的口臭の原因の90%以上は、口の中の病気汚や汚れが原因で発生します。
その原因としては、歯周病で多量の歯垢や舌苔付着、唾液分泌の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良、進行したむし歯などが挙げられます。

■口臭発生の大きな原因となる舌苔


舌苔は、死んだ細菌、新陳代謝で剥がれた粘膜上皮の細胞、血球成分、食物残渣などからできています。
舌苔ではこれらの成分が、嫌気性細菌によって、分泌され口臭の原因である物質揮発性硫黄化合物(VSC)が発生します。
うがいだけでは舌苔を取り除くことはできません。
舌ブラシやガーゼできれいに除去することが必要です。

■歯周病は口臭の発生におおきな影響を及ぼします


歯周病の原因は歯垢(プラーク)であり、その70%が細菌です。
歯垢は徐々に厚みを増し、歯垢の深層部分では酸素が少ないことから嫌気性菌が増えてきます。
嫌気性菌の毒素や酵素の影響で、揮発性硫黄化合物(VSC)による口臭が発生します。

(photo by //nanapi.jp/23498/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口臭に関する記事

なかなか消えない口臭、ストレスが原因かも~口が渇いて臭いが発生することも

ある程度の口臭は誰にでもあり、寝起きや食後など時間帯によっても度合いが異なってき...

自分の口臭が過度のストレスになっている場合は精神的な原因があることも〜自己臭症

口臭や体臭がなかなか消えない、原因を探って徹底的に対策しているのに効果がない、病...


呑酸は口臭の原因にも?!呑酸による口臭を抑える方法3選

呑酸は胃液が口まで来ている状態で、そもそも胃液には臭いがあります。苦く酸っぱ...

胃腸が原因で起こる口臭 原因の疾患を治療して口臭を改善!

      口臭と聞けば、主に虫歯や歯槽膿漏など、口の中の不衛生が問題で起こ...

カラダノートひろば

口臭の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る