カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. 治療方法 >
  5. 統合失調症の予防法!不安をなくして普段の食事に気をつけよう!

メンタル

統合失調症の予防法!不安をなくして普段の食事に気をつけよう!

統合失調症は、妄想や幻覚などの症状があらわれます。夢をみながらおきているような状態です。

 

統合失調症の症状

不安感から、あるはずのない声がきこえたり、強迫観念になやまされたりします。また幻聴の声から逃れようとすると、さらに聴いてしまうというような、下向きのスパイラルに陥ってしまうようなことも少なくありません。

 

・大事なことは、不安をできるだけ軽減すること

・思いつめたような考えをしないこと

 以上のことが大切になります。

 

あるはずのない声がきこえたり、突拍子もないような考え方をするようなこともありますが、できるだけ軽い考えをもってください。「どうなっても別にいいや」「たいしたことじゃない」と考えることで、気持ちが軽くなり、脳内物質の分泌などにもいい影響がでます。

 

統合失調症はドーパミンの過剰分泌によるものだといわれているので、食生活に気をつけることはとても大切なことです。

 

統合失調症に効果的な食物

◆神経伝達物質を調整する食物◆

乳製品、レバー、赤身魚、肉類等、バナナ、大豆、魚

 

◆ドーパミン抑制作用のある物質を含む食物◆

発酵食品、玄米、カカオ、チョコレート等、小魚

 

◆過剰摂取によって気分変調の原因になる食物◆

穀物(米、パン、パスタ)

カフェイン

 

神経物質を調整するような食物や、ドーパミンを抑制する食物をバランスよくとるようにし、気分変調の原因となるものは控えるとよいですね。

 

・三食バランスよくしっかりとること

・よく噛んで食べること

・間食は控えること

・水分を無理なくとること

以上のことに気をつけるとさらに良いです。

 

不安感をやわらげるためには、自分の病気と向き合いつつも決して思いつめないで軽く考えること、また普段の食事に気をつけることが大切だということですね!

(Photo by[http://www.futta.net/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療方法に関する記事

統合失調症の治療に、アミノ酸の一種「グリシン」が有効となる可能性?グルタミン酸神経系の改善

従来、統合失調症(SZ)の発症原因には、遺伝要因と脳内ドーパミン濃度の調整異常が...

統合失調症と類似症状を現す『抗NMDA受容体抗体脳炎』ステロイドで8割が軽快?

統合失調症は、先天的な要因があって、それに伴って何らかのイベントが起因すること...


統合失調症の治療方法~食事改善で血糖値をコントロール!

脳の神経機能がうまく働かず、感情のコントロールや正しい意思決定ができなくるこ...

ジプレキサ系統の新規抗精神病薬「シクレスト」、効果の特徴と副作用は?

今年(2016年)5月、統合失調症の新規治療薬(抗精神病薬)である「シクレスト舌...

カラダノートひろば

治療方法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る