カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 多飲多尿に要注意!尿崩症。低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!治療法が無い?先天性腎性尿崩症

気になる病気・症状

多飲多尿に要注意!尿崩症。低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!治療法が無い?先天性腎性尿崩症

健康のために水分を沢山飲むのは、非常に大切です。みなさん、1日にどのくらいの量を飲んでいますか?もしかして、飲みすぎていませんか??

 

尿崩症とは?

脳の視床下部という場所から、「バソプレシン」というホルモンが分泌されることで、一度濾過された水分が腎臓で身体に必要な分だけ再吸収されます。

 

尿崩症は、何らかの原因により、腎臓での水の再吸収が障害されてしまう病気です。そのため、薄められた尿(希釈尿)が沢山出るようになります(多尿)。

 

尿崩症の病態と原因

<中枢性>

以下の原因によってバソプレシンがきちんと分泌されず、尿の濃縮機能が低下してしまいます。

 

①特発性

病気の原因が特定できないもの

 

②続発性

・脳腫瘍

・炎症(髄膜炎、脳炎など)

・肉芽腫性病変(サルコイドーシス、ランゲルハンス細胞組織球症など)

・外傷

・手術後

 

③家族性

多くはバソプレシンに関する遺伝子の変異

 

<腎性>

バソプレシンはきちんと分泌されているものの、以下の原因によって腎臓がバソプレシンに対して反応しづらくなり、尿の濃縮機能が低下します。

 

①遺伝性

バソプレシン受容体遺伝子の変異

 

②続発性

・腎疾患(アミロイド腎など)

・高カルシウム血症

・低カリウム血症

・薬剤性(リチウム製剤など)

 

尿崩症の症状

・口が渇く

・水を異常に沢山飲む

・尿が多い(1日3リットル以上)

・薄まっている尿

 

尿崩症の治療

中枢性尿崩症となった場合には点鼻薬を、腎性尿崩症では利尿薬の内服を行います。続発性の病気の場合は、まずは原因となっている病気の治療から行います。

 

尿崩症と間違えられやすい病気

口が渇き、水をたくさん飲み、尿の量が多いという尿崩症と同じ症状でも、違う病気があります。それは、「心因性多飲症」です。

 

この病気は、ストレスが原因で起こります。心因性のストレスが視床下部の口渇中枢を刺激するため、沢山飲みたくなります。その結果、血が薄まり、バソプレシンを出さないようにし、多尿になります。

 

尿崩症と症状が同じなので、鑑別するには病院での試験が必要となります。

 

水を沢山飲みすぎると、血液が薄まり、水中毒という病気を起こす可能性があります。体内の水分が多すぎるとむくみの原因になるだけでなく、脳浮腫という重篤な病気も引き起こしかねません。

 

1日に3リットル以上飲む方は特に注意し、しばらく続くようであれば1度医療機関の受診をおすすめします。

 

おしっこが止まらない!尿崩症!

ホルモンは身体の様々な機能のバランスを取っています。

 

尿量もバゾプレシンというホルモンによって調整されており、そのバランスが崩れることにより多量な尿が出てしまう事があります。それを尿崩症と呼びます。

 

バゾプレシンの働き

脳下垂体後葉から放出され、腎臓の集合管に作用して排出されていく原尿から必要な水分を再吸収して身体に戻します。

 

尿崩症では

バゾプレシンを放出する脳下垂体機能が低下する中枢性尿崩症、あるいはバゾプレシンの作用する腎臓の感受性が落ちてしまう腎性尿崩症(他の疾患による二次的症状)があり、水の再吸収が低下して多尿となってしまう疾患です。

 

尿は薄くなり、口乾、多飲、多尿になります。尿量は一日に5~15リットルにもなり、脱水症状や睡眠障害が起こる事もあります。

 

著しい多尿が長期間続くと、尿路が拡大し水腎症が起こる事もあります。

 

治療法

デスモプレッシンの点鼻投与が有効です。尿崩症を引き起こしている基礎疾患がある場合には、その治療を行います。

 

鑑別

尿崩症と同じく多飲・多尿・口渇を訴える疾患として、糖尿病や心因性多尿症があります。尿の浸透圧や、血中のバゾプレシン濃度を調べることによって鑑別します。

 

まとめ

尿崩症はそれ自体では生命に関わってくるようなことはありませんが、日常生活に支障をきたし非常に大きな苦痛を伴います。が、きちんと治療を受けて、バゾプレシン誘導体であるデスモプレッシンの投与によって生活は楽になります。

 

尿が多量に増えた時には、早めに病院を受診しましょう。

 

のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?!

 

のどが渇いてトイレの回数が多い、それは尿崩症かも?! 

「最近異常にのどが渇いて、トイレの回数も多い」という人はいませんか?

その症状はもしかしたら尿崩症かもしれません。

・運動して汗をかいたわけでもないのに異常にのどが渇く。

・水分を補給すればのどの渇きも治まるがその分トイレの回数も多くなり、尿量も増えた気がする。

そんな症状の繰り返しではないでしょうか?もしかしたら尿崩症かもしれませんよ。

 

 

尿崩症とは

尿崩症とは尿量が増え、体内の水分が減少するために、のどが渇くといった症状が現れるものです。

先天性腎性尿崩症は遺伝性で男性のみに発症するという特徴がありますが、後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患などが原因の合併症として発症します。

のどが渇くから水分を取り、そのために尿量が増えるのではなく、尿量が増えることによって体内の水分が減少し、その結果のどが渇くといった症状が現れるのです。

尿量が増える→のどが渇く→水分を沢山取る→尿量が増えるという症状が繰り返し行われます。

 

 

尿崩症の早期発見と早期対応

尿崩症には先天性と後天性がありますが、先天性の場合は生後すぐにその症状が現れます。

後天性には中枢性尿崩症と腎性尿崩症があり、中枢性尿崩症であれば抗利尿ホルモン作用のあるデスモプレシンを点鼻することによって、尿量の増加やのどの渇きなどの症状は改善されます。

しかし一生薬を投与し続けなければなりません。

 

腎性尿崩症の場合は、尿量が減少することを抑えられないため、体内の水分が失われないよう、常に水分補給を心がけることしかできません。

 

最近水分摂取量が増えた、特に冷水を好んで飲むようになった、運動もしていないのにのどが渇く、尿量と回数が増えたなどの症状が現れた場合は尿崩症を疑い、病院を受診するようにしましょう。

尿量の増加でトイレの回数も多くなり、夜中寝ているときもトイレに何度も起きるようになるので、比較的症状発見は早いことが多いです。

 

ですが、高熱や嘔吐や下痢などのように日常生活に支障をきたす様な症状ではないため、その症状を放置してしまうこともあります。

 

尿崩症の怖いところは、尿量の増加による脱水症状です。水分が異常に失われていることに気がつかず、脱水症状を引き起こすと命の危険性も出てきますので、早期発見と早期対応、そして早期受診が大切です。

 

低カリウム血症と低カルシウム血症で腎性尿崩症に?!

腎性尿崩症

腎性尿崩症には、先天性腎性尿崩症と後天性腎性尿崩症とがあり、先天性は極めてまれで遺伝性があり、男性のみに発症するという特徴があります。

 

それに対し、後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患により合併症として引き起こされるものです。

尿崩症は体内にある水分が尿として排出される量が極めて多くなるため、体内の水分量が低下し、常にのどが渇いたり、水分補給を怠ったり急激な水分排出で、脱水症状などを引き起こす病気です。

水分を常に補給していれば、日常生活に問題はありませんが、水分を多量に摂取することでまた尿量や回数が増えたりします。

   

原因は低カリウム血症と低カルシウム血症

後天性腎性尿崩症の原因は、慢性腎性疾患であり、そのひとつが低カリウム血症と低カルシウム血症です。

それでは、なぜ低カリウム血症や低カルシウム血症になるのかご存知ですか?

 

低カリウム血症の原因

拒食症

多量飲酒

長期間の偏食

 

低カルシウム血症

甲状腺手術

栄養不良

腎臓の損傷

 低カリウム血症と低カルシウム血症は以下のような原因で発症します。

 

 乱れた生活から腎性尿崩症に!

 後天性腎性尿崩症は、慢性腎性疾患などでも合併症として現れますが、低カリウム血症や低カルシウム血症が原因でも多く発症されています。

 

低カリウム血症や低カルシウム血症に見られる原因のひとつに、長期間の偏食などによる栄養不良があります。

また、拒絶症や多量の飲酒なども、偏食や栄養不良などにつながるものですので、これらの食生活の乱れからも、後天性腎性尿崩症になると考えられます。

 

後天性腎性尿崩症は、ずっと体内の水分調整を行いながら生活しなければなりませんし、トイレの回数が多くなるのも生活に多少なりとも影響を与えてしまうものです。

また、脱水症状を引き起こしやすくなるなど命の危険性が出てくる場合があるので、身近な食生活や生活習慣を見直して、腎性尿崩症にならないように気をつけましょう。

 

治療法が無い?先天性腎性尿崩症

 

治療法が無い?先天性腎性尿崩症 

先天性腎性尿崩症とは?

先天性腎性尿崩症とは、体内の水分が尿として排出される量が多くなり、体内の水分が失われる病気です。

 

先天性のため遺伝性の病気で、劣性遺伝子であるX染色体上に存在するので、男性にのみ発生するという特徴を持った病気です。そのため兄弟揃って発症してしまったという例もあるようです。

 

自分の子供が先天性腎性尿崩症だったら? 

先天性腎性尿崩症の症状は生後すぐに現れます。

 

乳幼児は自分で水分を補給することができません。そのため生後まもなくして水分を多量に摂取しなければ、極度の脱水症状を繰り返すことになります。

 

もちろん母乳やミルクだけでは足りず、点滴などによって水分を補給するという方法をとらなくてはならない場合もあります。

 

自分で水分を補給できるようになったら、こまめな水分補給を常に行いながらの生活となります。もちろんその分尿量も増えますので、トイレに行く回数もほかの人よりも圧倒的に増えます。

 

幼稚園や学校に通うようになったら、先生や周りの人たちの理解と協力が必要となってきます。

 

日常生活に問題は無い 

先天性腎性尿崩症の場合、特に薬が効くわけではないので、治療法としてはこまめな水分補給をすることだけが唯一の方法です。

 

水分を常に補給しなければならないことと、尿量が多く、トイレに行く回数が多いこと以外は、何の問題もありません。普通に生活し、運動をすることもできます。

 

ただ運動などを行う際は、尿以外の汗としても水分が多量に失われてしまうため、日常生活以上に水分補給に気を使わなくてはなりません。

 

先天性腎性尿崩症にとって一番怖いのは

先天性腎性尿崩症にとって一番怖いのは、自分で水分補給ができなくなった時です。意識を失うなどの状況下では自分で水分補給を行うことができず、点滴などにより水分を補給することになります。

 

しかし点滴などでは限界があるため、極度の脱水症状を引き起こしてしまうことがあるがあるのです。

 

 

怪我をして意識を失ったり、ほかの病気で長時間自分で水分を補給することができない状況になったときなどは、命の危険性もあるので十分な注意が必要です。

 

(photo by http://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

内分泌に関する記事


副腎疲労症候群の治療を症例から考える!傾向をチェックする!

  副腎疲労症候群という病気についてご存知でしょうか? この病気は、副腎...

気になる!原発性アルドステロン症の原因と治療法とは?腹腔鏡下手術について知ろう(副腎摘出手術など)

高血圧などの特徴を有する原発性アルドステロン症ですが、この原因や治療法にはど...

カラダノートひろば

内分泌の関連カテゴリ

内分泌の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る