カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 低血糖なのに肥満が進行!?インスリノーマとは?インスリノーマの手術が出来ない時に飲む薬

気になる病気・症状

低血糖なのに肥満が進行!?インスリノーマとは?インスリノーマの手術が出来ない時に飲む薬

 

生活習慣病が社会的に話題になっている今、特に糖尿病については多くの方が知識を持っていると思います。

糖尿病は血糖値が上がることが特徴の1つですが、実は血糖値が下がってしまう病気があります。

 

インスリノーマとは

食事をすると、その中の糖分が分解され、血糖値が上がります。

上がった血糖値は、「インスリン」によって元に戻ります。

そのインスリンは、膵臓のランゲルハンス島β細胞という場所から分泌されています。

このβ細胞にできた腫瘍が増殖することにより、インスリンが異常に分泌され、低血糖症状が起きてしまう病気です。

できた腫瘍の約90%は、良性の腫瘍です。

 

低血糖なのに肥満が進行!

インスリンは、血液中の血糖値にあわせて分泌量が変化します。

「食事後はインスリンが増え、次第にインスリンが減る」というのが健康な人です。

しかし、インスリノーマになるとインスリンがずっと出続けてしまうため、以下のようになってしまうのです。

血糖を下げなくて良いのに、インスリンが分泌される

血糖が下がりすぎてしまう

低血糖症状が出る

低血糖を出さないために食事をする

インスリンは出続けているため、低血糖にならないように食べ続ける

過食になる

肥満

 

覚えておきたい低血糖症状

・脈が速い

・冷や汗

・震え

・顔が青白くなる

・けいれん

・頭痛

・行動が変(異常行動)

・意識障害

 

インスリノーマは肥満につながる可能性があることをお話ししましたが、万が一低血糖症状になった時には肥満の事は一度忘れて、必ず血糖値を上げるために食事をしてください。

症状が強く急速な対処が必要な場合は、砂糖水などのブドウ糖を摂取しましょう。

低血糖症状はインスリノーマだけでなく、インスリン療法をしている方や胃切除手術を受けた方にも起こる可能性があります。

今は糖尿病患者数が増えてきましたので、身近なところで低血糖症状になる人がいるかもしれませんから、どなたでも是非覚えておいてください。

 

 

インスリノーマ(膵島腺腫)について

インスリノーマ(膵島腫瘍)とは、膵臓に腫瘍が出来てインスリンが過剰に出てしまい低血糖になってしまう病気です。

 

膵臓の働き

膵臓からは外分泌腺と内分泌腺とが出ています。

 

外分泌腺からは膵液が出ています。膵液はアルカリ性で、胃の下の十二指腸に放出されて胃酸を中和します。また、糖・タンパク質・脂質を分解する酵素を含んでいます。

 

内分泌腺からはインスリン・グルカゴン・ソマトスタチンというホルモンが出ています。

 

インスリノーマ(膵島腫瘍)ができると

膵臓にインスリノーマが出来ると、内分泌腺から分泌されるインスリンが過剰に産生されてしまいます。

インスリンは血中の糖分濃度を下げる働きがあります。本来なら血糖濃度はバランスが取れているのですが、インスリノーマによって調節が効かずにインスリンが過剰分泌することによって低血糖状態に陥ります。

インスリノーマはほとんどが良性腫瘍ですが、まれに悪性腫瘍であることもあります。

 

症状

自律神経が低血糖に反応した症状と、脳への糖の供給不足による症状が表れます。 

初期症状としては激しい空腹感や動悸、疲れやすい、集中力が落ちる、といった症状が現れます。

悪化すると錯乱や痙攣、ふるえ、昏睡といった症状を引き起こし死に至る事もあります。

 

治療法

膵臓のどこに腫瘍ができているのかを検査して、手術によって切除します。数%の患者は再発します。

 

 また、手術を行うまでは低血糖に対しての対症療法を行います。方法としては、ジュースやお菓子を食べることによってブドウ糖を補給します。

 グルカゴンという血糖を上げるホルモンの薬が投与される事もあります。

 

インスリノーマの手術が出来ない時に飲む薬

手術の難しいような患者にインスリノーマが見つかった時、どのような治療法があるのでしょうか?

 

インスリノーマとは

膵臓に腫瘍ができ(多くは良性腫瘍です)、その腫瘍細胞からインスリン(膵臓のホルモン)が過剰に分泌されて、インスリンの働きによって低血糖状態になってしまう病気です。

治療としては、膵臓にできた腫瘍を手術で切除するのが第一選択とされていますが、手術が出来ない場合はジアゾキシンやオクトレオチドによって血糖をコントロールします。

 

ジアゾキシンとは

インスリンを分泌する膵臓のβ細胞に作用して、インスリンの分泌を抑制して血糖値を上げる薬です。

経口摂取が可能で、長期にわたって服用することができるお薬です。

乳幼児に発症する高インスリン性低血糖症では第一選択薬とされています。

副作用として、嘔吐、不快感、むくみ、急性膵炎、うっ血性心不全、高浸透圧性昏睡などが起きる可能性があります。

 

オクトレオチドとは

膵臓からはインスリンの他にもソマトスタチンとグルカゴンというホルモンが出ています。

オクトレオチドはソマトスタチンと同じような働きをする薬品で、インスリンやグルカゴンの産生・分泌を抑制します。

癌治療や巨人症・末端肥大症の治療にも使われます。

副作用としては、血圧低下や吐き気、下痢などがあります。

 

まとめ

 もしもこれらの薬を飲み始めて副作用が出始めたら、早めに医師の診察を受けることが重要です。

ちょっとした初期症状を見逃さないように気をつけて過ごしましょう。

 

(photo by http://www.ashinari.com/2012/07/01-364375.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆道・胆嚢・膵臓に関する記事

胆のうポリープは放置しても大丈夫?がんの進行を防ぐ定期検査

人間ドックのエコー検査で胆のうポリープが発見されることは少なくありません。基...

総胆管拡張症ってどんな病気?基礎知識を知ろう!代表的な3症状とは。合併症~肝機能障害・膵炎

総胆管拡張症とは一体何でしょうか?   総胆管とは胆汁を十二指腸へ送る為...


食べ物の嗜好の変化は膵臓のサイン・遺伝性の自己消化急性膵炎による慢性膵炎

 年齢と共に人の身体は衰えていき、それに合わせるように食べ物の好き嫌いも...

急性膵炎には長期の食事療法が必要・急性膵炎に有効な薬物療法

  急性膵炎の治療となると、急激に進行した炎症だから、治療も急激に終わると...

カラダノートひろば

胆道・胆嚢・膵臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る