カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 禁煙 >
  4. 喫煙のリスク >
  5. なぜタバコを吸うのかを考えてみませんか?

健康診断・健康管理

なぜタバコを吸うのかを考えてみませんか?

tabako.jpg

■はじめに


タバコが健康に悪いのはわかっているし、家族からも禁煙を勧められている、それなのに、禁煙できないのはなぜ?
現在では、やめられない喫煙の実態は「ニコチン依存症」であることがわかっています。
喫煙の習慣やニコチン依存症について考えてみましょう。

■あなたがタバコを吸う理由はなんですか?


あなたがタバコを吸う理由(メリット)は何ですか?
吸うと落ち着く、仕事に集中できる、ほっとするなど、様々な理由が挙がりそうです。
反対に、あなたが禁煙したと仮定し、その場合のデメリットとメリットを考えてみましょう。
今は禁煙するつもりはなくても、あなたの喫煙習慣を違う角度からみることができるでしょう。

<禁煙のデメリット>
・イライラする
・集中できない
・不安である
・……
・……(ご自分で考えてみてください)

<禁煙のメリット>
・自分自身の健康によい
・家族の健康のためによい
・お金が貯まる
・たばこが吸える場所を探さなくていい
・たばこの臭いが気にならない
・ご飯がおいしく感じる
・……
・……


結果はいかがでしたか?
あなたにとってタバコのメリットと禁煙のメリットはどちらが大きいかじっくり考えてみませんか?


■タバコを吸うとすっきりするってホント?


タバコを吸った時に、イライラや落ち着かない感じがスーッとおさまっていく感覚を、喫煙者なら誰でも味わったことがあるはずです。
ストレスの多い社会で生活するには、イライラを解消できるタバコは欠かせないと考える方も多いでしょう。
しかし、本当にそうなのでしょうか?

実は、イライラは仕事や家庭などの社会生活だけが原因ではないのです。

タバコを吸い終わって1時間もしないうちに、血液中のニコチンが減り、イライラや落ち着かないなどのニコチン切れ症状(離脱症状、禁断症状)が現れます。

仕事や家庭のストレスが原因と思っているイライラの正体は、タバコを吸っているが故に生じているニコチン切れ症状である可能性が高いのです。
ストレスが原因でイライラするならば、一番リラックスしているはずの寝起きの時間にタバコを吸いたくなるはずがありません。

喫煙という行為は、喫煙自体が原因で生じたイライラを、次の1本を吸うことで解消しているだけといえます。
つまり、喫煙の習慣から脱することができれば、イライラなどのニコチン切れ症状とは無縁の生活を送ることができるのです。

(photo by //www.su-gomori.com/2011/02/smoking-tabako-nicotine.html )

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喫煙のリスクに関する記事

喫煙による寿命の変化・健康寿命の変化

  喫煙者の皆さん、タバコがガンや心疾患、脳疾患など様々な 病気の原因と...

恐ろしいピロリ菌、喫煙との関係

    数年前から話題になっているピロリ菌をご存じでしょうか? 日本人...


タバコを吸うと血圧が上がり、血管が錆付く!?~喫煙と高血圧・血管の関係とは

日本人には高血圧の人が多く、また高血圧を原因とする重大な疾患により命を落とす人...

56倍の有害性?!室内で喫煙することによる人への影響とは!

近年、米カリフォルニア大学の研究によると、受動喫煙に次ぐ『三次喫煙(副流煙残留...

カラダノートひろば

喫煙のリスクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る