カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 食道裂孔ヘルニア >
  5. ヘルニアは食道でも起こる!

気になる病気・症状

ヘルニアは食道でも起こる!

 

ヘルニアと聞くと、鼠径部というイメージが強いと思います。

「もとある場所から脱出した状態」これをヘルニアと言います。

実は、食道でもヘルニアは起こるのです。

 

食道裂孔ヘルニアとは

胃腸が横隔膜を超え、胸腔内に脱出した状態のこと。

横隔膜ヘルニアの1種で、約95%を占めています。

成人では、50歳以上の人に起こりやすい病気です。

これは、加齢によって靭帯が弱くなり、内臓がきちんと支えられなくなるためです。

 

ヘルニアの種類

①滑脱型

食道裂孔ヘルニアの約90%が、滑脱型です。

逆流性食道炎になっているのが、特徴です。

②傍食道型

約5%の方に見られます。

ヘルニア部分が絞られた状態になり、血行障害がみられます。

食道炎になっている人は、ほとんどいません。

③混合型

滑脱型と傍食道型の混合です。

非常に稀な、種類です。

 

ヘルニアの症状

ヘルニア自体の症状は少なく、逆流性食道炎の症状で判断します。

食事の直後に、以下のような症状が見られます。

○ゲップ

○気持ち悪い

○嘔吐

○飲み込みづらい

○胸やけ

○みぞおちが痛い

診断にはこれらの症状に加え、胃の造影検査が必要です。

 

重症度を決める合併症

食道裂孔ヘルニアは、合併症があるかないかが非常に大きな問題となります。

○滑脱型に多い合併症

・逆流性食道炎

・バレット食道→腺癌

・瘢痕性食道狭窄

○傍食道型に多い合併症

・びらんや消化性潰瘍→慢性出血、鉄欠乏性貧血

・食道通過障害

 

症状が軽ければ、内服の治療で改善することができます。

しかし、重症度が高いと手術が必要となるので、身体的・精神的・経済的に負担が大きくなってしまいます。

胃の不快感は、暴飲暴食だけで起こるものではありません。

症状に当てはまる場合は、早めに治療を行いましょう。

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/01/15-375101.php?category=52)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食道裂孔ヘルニアに関する記事

食道裂孔ヘルニアの検査から治療まで

  食道裂孔ヘルニアはそれ自体で症状が出るものではありません。しかし、これによ...

主な原因は加齢!食道裂孔ヘルニアの3つのタイプ

  人の体の中には胸部と腹部を分ける横隔膜という筋肉があります。食道は胸部から...


無症状の食道裂孔ヘルニアでは逆流性食道炎に要注意!

  人の胸と腹は体内で横隔膜によってわけられており、それぞれ胸腔と腹腔と言う空...

食道裂孔ヘルニアから食道潰瘍に?!

    食道粘膜の炎症がひどくなると潰瘍を形成します。 原因としては胃液の...

カラダノートひろば

食道裂孔ヘルニアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る