カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 薬物 >
  5. 気をつけて!ステロイド投与により現れる精神症状

アレルギー

気をつけて!ステロイド投与により現れる精神症状

 

ステロイド剤は皮膚科などで良く処方される医薬品です。アトピー性皮膚炎などの治療に良く使用されるものですが、とても強いお薬なので副作用があるのです。

 

ステロイド剤とは

本来人間の体で作られる「副腎皮質ホルモン」という物質を化学的合成したお薬です。外用薬の場合は皮膚の表皮から浸透して、炎症部位に働きます。また、内服薬、注射薬も色々な疾患の治療薬として用いられています。

 

ステロイド剤の一般的な副作用

・内分泌系

成長抑制・月経異常・副腎不全・離脱症候群・多毛

・代謝系

糖尿病・肥満・満月顔貌

・結合組織系

皮膚線条・皮膚葬薄化・皮膚組織萎縮・骨粗そう症・圧迫骨折

・循環器系

血栓形成・皮下出血・高血圧・低血圧

・血液リンパ系

リンパ球減少・好中球増多

・免疫系

免疫低下・アレルギー反応抑制・感染症誘発

・消化器系

消化性潰瘍・脂肪肝・急性膵炎

・眼

白内障・緑内障

 

ステロイド剤による精神症状

ステロイド剤投与後、数週間から1か月後に精神症状が起こることが多いといわれています。不安・不眠から始まって、うつ状態や躁状態が現れてきます。症状が進むと妄想や錯乱を生じます。

 

比較的軽度な場合は、めまいやけいれんが起こります。突然泣き出したり、叫びだすなど情緒不安定になったりもします。

 

ステロイド剤はうつ状態よりも躁状態の方が出やすく、多弁になったり、話しに脈絡が無くなる…など異常が出現し、高揚した気分を追って、幻聴や被害妄想が出やすくなります。

 

副作用や精神症状が現れたら、まずは即座にステロイド剤の使用を中止してください。そして病院へ行き、医師に症状を話し、医師の指示に従いましょう。

photo by://medical.i-illust.com/

著者: akiakiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物に関する記事

薬物アレルギーの3つの検査

  薬物アレルギーを確かめるための代表的な方法を3種類紹介します。   ●...

薬アレルギーのメカニズム

  アレルギー反応とは、体の中に異物が侵入してきたときに、体の防衛本能が必要以...


死因は風邪薬を飲んだこと!?これ、大げさではなく誰にでも起こる可能性があるんです!

薬疹という言葉を知っているでしょうか。これは、薬に対するアレルギーと言い換え...

アレルギーが起きやすい薬ってあるの?

  医師から処方された薬でアレルギーを起こす、市販薬でアレルギーを起こすという...

カラダノートひろば

薬物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る