カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 糸球体腎炎 >
  5. 腎臓で最も多い病気!気をつけるべき「子宮体腎炎」とはどんな病気?

気になる病気・症状

腎臓で最も多い病気!気をつけるべき「子宮体腎炎」とはどんな病気?

 

 

腎臓は、体の中の水分と栄養素の中で、必要な物と不必要な物とを振り分けて尿を作る、非常に大切な働きをしています。

その腎臓の病気の中で、最も代表的な物が「糸球体腎炎」です。

 

糸球体腎炎とは?

腎臓は、人間の背中側に左右1対ずつある内臓器官です。

その腎臓にある糸球体という部分に炎症が起きることで、機能が障害されてしまう病気です。

糸球体は、毛細血管が毛玉のようになった器官で、血液から尿を濾過し、膀胱に向かって送り出す機能を持っています。

 

なぜ糸球体腎炎になるの?

腎炎が発生する過程には、免疫が関与しているものと無関係なものとがあります。

腎臓の中で代表的な病気ではありますが、未解決な点が多く残されているのも特徴です。

①血液中の免疫による腎炎

外から体内に入った細菌やウイルスなどを、抗原といいます。

この抗原に対し、体の中で闘う免疫が抗体と呼ばれるものです。

血液中で抗原と抗体の複合物が作られることにより、それが糸球体に沈着して炎症を起こすことがあります。

溶レン菌感染後に起こる、急性糸球体腎炎が代表的です。

②腎臓固有の免疫が反応して起こる腎炎

血液中にある抗体が、腎臓内に存在する抗原と直接反応することで起こる腎炎です。

グッドパスチャー症候群やラット馬杉腎炎など、あまり聞かれない病気に多く起こります。

③抗好中球細胞質抗体(ANCA)が関連する腎炎

好中球とは、自分の体の免疫に関係している細胞の名前です。

この好中球に対して、なぜか闘う免疫である抗体が作られることにより腎炎が起こります。

④細胞性免疫が関与する腎炎

糸球体の中に侵入した白血球などの免疫にかかわる細胞や、障害された糸球体の細胞から、サイトカインという炎症によって出る物質が分泌されます。

そこに酵素や脂質が関係することによって組織障害を増強させてしまいます。

 

糸球体腎炎の代表的な症状

○むくみ

○高血圧

○腎機能の低下

○高窒素血症

 

糸球体腎炎は、老若男女誰もがかかる可能性のある病気です。

腎臓は手術ともなれば出血量が多くなるものですから、早期発見することが大切です。

まずは、日々自分の体と向き合って、異常があれば医療機関の受診を考えましょう。

 

(photo by //www.ashinari.com/2011/11/11-352685.php?category=53)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糸球体腎炎に関する記事

急性糸球体腎炎は早期発見が重要!尿異常を感じたらすぐに受診しよう!

みなさんは、「急性糸球体腎炎」という病気をご存知ですか? この病気は、乳幼児期...

溶連菌に感染したら急性糸球体腎炎に要注意!

      溶連菌、正式にはA郡β溶血性連鎖球菌と言います。 小児に...


健診結果を放置していると、慢性糸球体腎炎を見逃す可能性あり!

  腎臓は尿を作り、体に必要な成分・水を分ける非常に大切な器官です。 そ...

透析の可能性もある急速進行性糸球体腎炎

  糸球体腎炎は、腎臓の病気の中で最も多く、誰もがかかる可能性があります。...

カラダノートひろば

糸球体腎炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る