カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 症状 >
  5. 自信過剰と誇大思考…うつ病と真逆?意外と知られていない躁病とは?

メンタル

自信過剰と誇大思考…うつ病と真逆?意外と知られていない躁病とは?

うつ病はテレビやニュースなどでも取り上げられて良く知られていますが、躁病(そう病)についてはなんとなく知っているけど、詳しくは知らないという人が多いようです。

 

躁病について詳しく見ていきましょう。

 

躁病とは?

躁病とは、外部、内部とは無関係な状態での気分の高揚や、興奮、睡眠欲求の減退、多弁、楽天的思考など以前とは全く違った側面を見せる様になります。

 

一見、明るくなったように思わせられますが、気分高揚による感情的な側面もあり、何気ない事で怒り出したり、開放的になり見知らぬ人に話しかけたり、楽天的な思考に伴い軽率な行動をしたりと社会生活に支障をきたし対人トラブルにもなりかねない状態になります。

 

躁病の特徴

1、異常に高揚した気分が1週間以上持続的に継続し、高揚だけでなくイライラした気分もある

2、誇大思考、過多な自尊心

3、多弁、多幸(普段より気分が良く感じる)

4、頭に浮かんだ会話を次々と続ける

5、注意力散漫

6、無謀な行動

7、無謀な行為(異常なほど買い物をするなど)

8、自傷行為や他傷行為

 

うつ病と躁病を併せ持った疾患を「双極性障害(躁うつ病)」と言います。

 

昨日まで何もやる気が起こらなく、自分に自信がなく誰とも話しをしたくなかったのに、翌日には何でもやれる気がしたり、知らない人とも話したくなるなど「うつ病」と「躁病」を同時に患ってしまうのが双極性障害(躁うつ病)です。

 

両極性障害(躁うつ病)を患っている場合、うつが躁に変わると、一見病気が治ったようにも思いますが、そうではありません。患っている本人でさえもその変化に気づかないため、対人関係ではもちろん、大きな買い物や決断をしてしまったりと、でトラブルを起こしやすくなります。

 

躁病の治療

躁病はうつ病同様、薬物療法と精神療法での治療がメインになります。

うつ病、躁病、双極性障害などはきっかけがあれば誰しもが発症する精神障害です。これらの病気は精神疾患の中でも自殺率が高いといわれていますが、適切な治療と周囲の協力によって、克服できる病気とされています。

 

気持ちの持ちようだけでは治りませんので、専門家の指示に従い指示通りに治療を進めていくことが完治・寛解への近道です。

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: akiakiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

うつ病とは違う!躁うつ病ってどんな病気?

  躁うつ病とは、うつ病とは違い、気分障害という病気の一つです。躁うつ病の意味...

あなたの身近なあの人、躁うつ病ではありませんか?

  躁うつ病とは、双極性障害と呼ばれます。躁うつ病は、気分がいい(ハイ)の...


躁うつ病の種類~双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害

うつ病と勘違いされがちですが、躁うつ病はうつ病とは違います。躁…気分が高揚し...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る