カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 緑内障 >
  5. 正常眼圧緑内障の治療法って何?

気になる病気・症状

正常眼圧緑内障の治療法って何?

  

40歳以上の28人に1人正常眼圧緑内障と言われています。

正常眼圧緑内障はどんな治療をするのでしょうか?

 

治療法

正常眼圧緑内障は、自覚症状はほとんどなく、眼圧は正常値の範囲です。

しかし、視神経は障害を受けているので、眼圧を下げて、視神経への圧迫を減らす必要があります。

 

眼圧を10mmhgHg前半にコントロールします(正常な眼圧は10~21mmHg)。

 

薬物療法

正常眼圧緑内障は、原因がわかっていないため、治療法も確立されていませんが、基本は薬物療法です。

 

点眼薬によって眼圧をコントロールをします。

 

他にも視神経の働きを活発にするために、血行促進薬やビタミン剤を併用する場合があります。

 

 

 

点眼薬のさし方

 

1.ハンドソープで手指をきれいに洗う。

 

2.上を向き、下まぶたをひいて点眼薬を1滴たらします。

※この時に容器の先などが眼やまつげに入ると、容器に雑菌が入るので注意してください。

また、薬の先がまつげにあふれないようにしましょう。

何種類もの点眼薬を使う場合は、薬が浸透せずに流れてしまわないように5分以上間隔をあけてから使用しましょう。

 

3.眼を閉じて、3分以上目頭を指で軽く押さえましょう。

目頭を押さえることで、薬が全身にまわるのを防ぎ、副作用を避けることができます。

 

 

手術 

点眼薬などの薬で眼圧が下がらず、視野狭窄が進行する場合は、線維柱帯切除術をします。

ただし、線維柱帯切除術は、眼圧が下がりすぎる、網膜の張りがなくなって視力が低下するなどのトラブルがあります。

また、合併症として感染症があります。

他にも白内障を発症することもあるので、手術は最後の手段として考えたほうがよいでしょう。

 

眼圧を上げない生活を心がける

発作を予防するために、睡眠不足、ストレスを溜めない、長時間うつむく姿勢をするといった眼圧を上げる行動を避け、なるべく目に負担をかけないようにして過ごしましょう。

 

正常眼圧緑内障と診断された人は、定期的に眼科を受診し、眼圧のコントロールに気をつけましょう。

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.gatag.net/03/23/2010/130000.html)



 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

緑内障に関する記事

もしかして…目が眩しく感じるのは緑内障の前兆?!

充血、眼痛など気になる目の症状はたくさんありますが、その中でも光が異常に眩しく...

急性緑内障は発作後24時間以内が勝負!

      急性緑内障は発症後24時間以内に適切な治療を受けることが鍵...


他人事だと思っていませんか?要注意!身近に潜む緑内障とは

    緑内障は、40歳以上の20人に1人がかかる身近な病気で、その数は年々増...

もしも「慢性緑内障」にかかったら0どんな治療方法をするの?0

      慢性緑内障は、常に眼圧をコントロールすることが治療の基本です。...

カラダノートひろば

緑内障の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る