カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 糸球体腎炎 >
  5. 透析の可能性もある急速進行性糸球体腎炎

気になる病気・症状

透析の可能性もある急速進行性糸球体腎炎

 

糸球体腎炎は、腎臓の病気の中で最も多く、誰もがかかる可能性があります。

その腎炎にも色々な種類がありますが、急速に悪化して悪くなるものがあるのです。

 

急速進行性糸球体腎炎とは

腎炎の中でも、急速に悪化し、発症後数週間~数ヵ月後くらいで腎機能低下することで末期の腎不全に陥る非常に危険な病気です。

予後が悪い腎炎で、治療中に死亡してしまうことも多いです。

 

症状

○乏尿(尿の量が異常に少なくなる)

○タンパク尿・血尿

○むくみ

○高血圧

 

どんな人がかかりやすい?

急速進行性糸球体腎炎は、男性に多く発症します。

特に50~60代が、発症のピークといわれています。

 

どんな検査をする?

尿検査・血液検査で腎機能の異常や炎症反応をみます。

また、超音波検査などで腎臓が委縮しているかどうかも確定します。

確定診断をするためには生検(組織を取って検査する方法)が必要です。

 

治療はどんな方法?

急速進行性糸球体腎炎になったら、ほぼ入院での治療が必要です。

ステロイドホルモンや免疫を抑える薬により、治療を行います。

ステロイドホルモンや免疫を抑える薬に加え、血小板を作りにくくする薬や、血を固まりにくくする薬を併用する「カクテル療法」も行われます。

 

急速進行性糸球体腎炎は、起こると重症な病気です。

腎不全にまで至ると、透析が必要になってしまうので、早くから治療を行うことが非常に大切です。

むくみが取れない・ひどくなる、血尿が出たなど、思い当たる時にはなるべく早く医療機関を受診してください。

 

(photo by //www.pakutaso.com/201214photo242post-1878.html

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糸球体腎炎に関する記事

急性糸球体腎炎は早期発見が重要!尿異常を感じたらすぐに受診しよう!

みなさんは、「急性糸球体腎炎」という病気をご存知ですか? この病気は、乳幼児期...

溶連菌に感染したら急性糸球体腎炎に要注意!

      溶連菌、正式にはA郡β溶血性連鎖球菌と言います。 小児に...


健診結果を放置していると、慢性糸球体腎炎を見逃す可能性あり!

  腎臓は尿を作り、体に必要な成分・水を分ける非常に大切な器官です。 そ...

腎臓で最も多い病気!気をつけるべき「子宮体腎炎」とはどんな病気?

    腎臓は、体の中の水分と栄養素の中で、必要な物と不必要な物とを振り...

カラダノートひろば

糸球体腎炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る