カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 糸球体腎炎 >
  5. 健診結果を放置していると、慢性糸球体腎炎を見逃す可能性あり!

気になる病気・症状

健診結果を放置していると、慢性糸球体腎炎を見逃す可能性あり!

 

腎臓は尿を作り、体に必要な成分・水を分ける非常に大切な器官です。

その腎臓の機能が常に低下していることは、全身に影響を及ぼしてしまいます。

腎炎は急性ばかりではなく、慢性的に起こることもあるのです。

 

慢性糸球体腎炎とは

タンパク尿や血尿が、長期間続く腎炎です。

通常、1年以上続いています。

多くは無症状のまま数年~数十年にわたって遷延し、徐々に腎機能が障害されていきます。

 

慢性腎炎による検査結果

慢性腎炎は軽症のものから、血圧や腎機能が異常になってきているもの、高度に腎障害が起きているものと、非常に幅広くあります。

①潜在型

軽度のタンパク尿(1日1g以下)があり、血圧・腎機能は正常です。

②進行型

中等度以上のタンパク尿(1日1g以上)があり、高血圧・腎機能の低下もあります。

 

確定診断のためには、腎臓の組織を取って検査する生検が必要です。

この生検により、以下のように分類されます。

○IgA腎症

○びまん性増殖性糸球体腎炎

○膜性腎症

○膜性増殖性糸球体腎炎

○微小変化型糸球体腎炎

○巣状糸球体硬化症

など

 

治療方法は?

※慢性糸球体腎炎の治療は、上記に書いた組織の分類により異なるため、特に頻度の高いIgA腎症についてお話します。

○腎機能が正常で、ほとんど進行していない初期段階

過激な運動や激務を避け、過剰な塩分摂取に注意する

初期であれば、これだけで大丈夫です。

女性の場合は、医師の生活指導を受けながら、妊娠・出産も可能です。

○ある程度進行している段階

・仕事や学校は休み、暖かくして安静にする

低たんぱく、高エネルギー、減塩の食事を摂る

・薬を飲む

・(末期の場合)透析

 

慢性糸球体腎炎は、経過が長く、軽症の場合では放置してしまう人も少なくありません。

「健康診断でタンパク尿が毎年出るけど、少量だから・・・」と、医療機関の受診を後回しにしていませんか?

早期であれば、簡単な治療で治すことができる病気ですから、健康診断の検査結果をきちんと見る習慣をつけるようにしてくださいね。

 

(photo by //www.pakutaso.com/201232photo3003-2.html

 

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糸球体腎炎に関する記事

若い男性は要注意の急性糸球体腎炎

  「若いから病気とは無縁だ」そう思われている方は少なくないと思います。体が衰え...

腎臓で最も多い病気!気をつけるべき「子宮体腎炎」とはどんな病気?

    腎臓は、体の中の水分と栄養素の中で、必要な物と不必要な物とを振り...


透析の可能性もある急速進行性糸球体腎炎

  糸球体腎炎は、腎臓の病気の中で最も多く、誰もがかかる可能性があります。...

溶連菌に感染したら急性糸球体腎炎に要注意!

      溶連菌、正式にはA郡β溶血性連鎖球菌と言います。 小児に...

カラダノートひろば

糸球体腎炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る