カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肺がん >
  4. 治療 >
  5. 病状が進行するまで自覚症状がほとんどない恐ろしいがん!肺癌

ガン・悪性腫瘍

病状が進行するまで自覚症状がほとんどない恐ろしいがん!肺癌

system.jpg

日本人の死亡率第一位の疾患


おもな症状は、咳や痰、血痰、胸部痛、背部痛、呼吸困難ですが、病状がかなり進行するまで自覚症状がほとんどないことも少なくありません。

患者さんの半数は、病状が進行し、症状が出てから発見されるため、効果的な治療が期待できず、よい経過が望めないのが実情です。

肺癌の発生部位は非常に範囲が広く、発生部位によって、肺門癌ろ肺野癌に分かれます。
肺門部は気管から左右の気管支に分かれる中枢部分で、肺野部は、細かく枝分かれする気管支から先端の肺胞までの部分をいいます。
肺門癌は早期から自覚症状が出やすく、胸部X線検査では発見されにくい、逆に肺野癌は早期は無症状のことが多く、胸部X線検査で発見されやすいという特徴があります。

また、肺癌は、癌細胞の種類によって、非小細胞癌(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)と小細胞癌のふたつに分類されます。
扁平上皮がん、小細胞がんは肺門部にできやすく、腺がん、大細胞がんは肺野部にできやすいのが特徴です。

肺癌は日本人の癌の死亡率第一位で非常に高い死亡率を示す病気です。
とくに男性に多く、40歳以降の中高年からの発症が圧倒的に多く見られます。

原因


現在のところ、はっきりとした原因はわかっていませんが、喫煙が大きく関係し、最大の危険因子であることは各種調査によって判明しています。

また、腺がんなどは非喫煙者にも多く発症していることなどから、排ガスなどによる大気汚染や、粉じんの多い場所などで長期間従事する職業汚染なども、肺癌の発症に大きく影響すると考えられています。

治療


どの病気も同じですが、良好な経過をたどるためには、とくに肺癌の場合は早期発見・治療が何より大切です。

肺癌の治療方法は、肺の病巣部分を切除する手術療法が基本となりますが、患者さんや病巣の状態、進行度によって、抗がん剤による化学療法、放射線療法などが併用されて行われます。

最近では気管支鏡を使用し、特定波長の低出力レーザー光線で癌細胞を攻撃する光線力学的治療や、胸腔鏡による癌切除手術など、大きく開胸しない治療法も行われています。

ただし、小細胞肺癌は転移しやすく、手術での切除が難しいため、化学療法と放射線療法を併用します。


(photo by //cute.sh/xxsweetxx/ )

著者: ぷりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

肺がんにおける外科療法を学ぼう 外科手術、肺葉切除と片肺全摘

肺がんと診断された場合、その病状の進行度合い(ステージ)や肺がんの種類などに...

肺がんでの化学療法〜全身の治療に有効な抗がん剤とは?

  肺がんだけでなく、がん全般の治療に用いられるのが化学療法です。全身に転...


治療方針は個々の状態により異なる!~肺がんと診断されたら~

肺がんの治療にはいくつかの方法がありますが、がんのタイプなどの条件によって治...

化学療法とあわせて苦痛を和らげるケアも!~肺がん末期での緩和ケア~

  末期のがんでは、抗がん剤での治療の他に緩和ケアが重要となってきます。緩...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る