カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 橋本病 >
  5. それって更年期?いえ、橋本病です。

気になる病気・症状

それって更年期?いえ、橋本病です。

 

 

人間の体はホルモンバランスによって様々な機能がコントロールされています。

喉にある甲状腺というホルモン分泌の臓器が炎症を起こすことによって、甲状腺ホルモンの分泌が低下して色々な症状が出てくることがあります。

それが橋本病(慢性甲状腺炎)です。

 

原因

詳しい原因は分かっていませんが、本来ならウイルスや細菌を攻撃する自己免疫機能が甲状腺を攻撃してしまう事によって炎症の起こる自己免疫疾患の一つです。

橋本病は女性の10人に一人と言う高い頻度で見られ、男女比は1:20以上です。特に30~50代の女性に発生しやすいです。

 

症状

○全身症状

息切れ、汗をかかなくなる、疲れやすい、全身倦怠感、体重増加、低体温、寒さに弱くなる、月経異常、しゃがれ声など

 

○消化器症状

食欲減退便秘になります。

 

○皮膚症状

皮膚の乾燥や、髪の毛やまゆ毛などが抜け落ちます。固い浮腫みが出る事もあります。

 

○精神・神経症状

こむらかえりを起こしやすくなります。

やる気が起こらずにボーっとする、記憶力が落ちる、喋るのが遅くなる、といった症状が出ます。

 

甲状腺は多少の炎症ではホルモン分泌能力が落ちる事はないので、徐々に進行します。更年期障害やうつ病、歳を取って疲れやすくなったのかな、などと思いこまんでしまう方も多いです。

 

 

治療

甲状腺機能が正常範囲であれば経過観察を行います。

甲状腺機能が低下している時は甲状腺ホルモンを薬剤で補充します。

 

一度破壊されてしまった甲状腺は元には戻りません。橋本病は慢性経過をたどり、病変が進行することがあっても完全に治癒することはありません。

 

まとめ

歳をとって疲れやすくなった、そう思っていても原因は甲状腺ホルモンにあるかも知れません。

体のだるさが抜けなかったり、寒さに異常に弱くなった場合には内分泌の専門医の診察を受けてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/05/07-036443.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

橋本病に関する記事

経過観察中の橋本病で体がつらいときどうすればいい?その対処法とは

  ホルモンの過剰分泌や過少分泌の病気では、『経過観察』という治療方法が採用さ...

橋本病は難病なの?橋本病との付き合い方

           橋本病は難病指定されている病気です。「難病ってことは、...


遺伝しやすいのは女の子!?橋本病は遺伝する?!確率はどのくらいなの?

  橋本病とは慢性甲状腺炎のことで、甲状腺ホルモン不足とも深いかかわりのある病...

チラージンを飲み忘れてしまった!一体どんな症状が出るの?

喉にある甲状腺の機能が低下し、全身にだるさなどが出てくる橋本病の治療に使われ...

カラダノートひろば

橋本病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る