カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腎梗塞 >
  5. 脳梗塞、心筋梗塞、「腎梗塞」??

気になる病気・症状

脳梗塞、心筋梗塞、「腎梗塞」??

 

 

「血管が詰まって起こる病気」である心筋梗塞や脳梗塞は、テレビや雑誌などのメディアを通じてよく聞かれると思います。

現代の日本人のライフスタイルの変化とともに、その罹患率は上昇しています。

血管は全身に張り巡らされているものですから、心臓や脳以外にも梗塞は起こる可能性があるんです。

 

腎梗塞とは?

心筋梗塞や脳梗塞と同様に、腎臓の動脈やその分岐した血管が何らかの原因で閉塞し、その先に血液が流れなくなる病気です。

血液が流れなくなった部分は、壊死することもあります。

 

腎閉塞の原因

○僧帽弁狭窄症

○感染性心内膜炎

○心房細動

これらの病気によって生じた血栓や塞栓(血の塊以外に血管を詰まらせる原因になるもの。空気や脂肪など)が、腎臓の動脈に詰まることで起こります。

全体の約10%は、動脈硬化症によるものです。

そのほかにも、外傷や腎動脈瘤によっても起こることがあります。

 

症状

○脇腹、腰が突然痛くなる

○吐き気・嘔吐

○発熱

○尿量が少なくなる

○血尿

小さな梗塞では、症状が出ないこともあります。

 

検査

血液検査や腹部のCT・MRIを行います。

確定診断には、血管に薬剤を入れて透視する腎動脈造影が行われます。

 

治療方法

早めに手術を行う必要があります。

高齢者や手術ができない方、梗塞が小さい場合には、血栓を溶かす薬を動脈内へ投与する方法や、血を固まりにくくする薬の内服などが行われます。

原因の病気に対する治療も、大切です。

 

腎臓は、尿を生成し、水や栄養分を調節する非常に重要な器官です。

尿は血液が濾過されることで作られますから、腎臓の手術ともなると出血量も多く、体にかかる負担も大きくなります。

今から生活を見直し、梗塞にならないような生活習慣を心がけることが大切です。

 

(photo by //www.pakutaso.com/201221photo338post-2187.html

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎梗塞に関する記事

ワーファリンを処方された時に…知っておきたい正しい飲み方

  心臓や血管に疾患を持っていると、腎梗塞を起こすリスクが高くなります。心...

尿の異常!それは「腎梗塞」のサインかも?

  最近、尿の量が減った、時々だけど血尿が出る、横腹に痛みを感じる、などと...


不整脈や心臓弁膜症、心内膜炎など…腎梗塞が起こる原因とは?

  腎梗塞は、血栓などが動脈に乗って腎臓の血管を塞いでしまう病気です。心疾患を...

早期診断・対処が大切な病気「腎梗塞」

腎臓は身体の健康にとって非常に大きな役割を果たす臓器ですが、その生態や役割など...

カラダノートひろば

腎梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る