カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 外傷 >
  5. 事故や怪我で起こる可能性がある、腎・膀胱・尿道の損傷

気になる病気・症状

事故や怪我で起こる可能性がある、腎・膀胱・尿道の損傷

生きていると、いつ事故や怪我に合うか分かりません。通勤・帰宅時、仕事中、休日、そのリスクは至る所に潜んでいます。事故や怪我で外力が加わると、臓器にも影響を与える場合があります。

 

今回は、特に腎・泌尿器に関する損傷についてです。切り傷や刺し傷などを除き、交通事故など外側からの衝撃で起こる病気を紹介します。

 

腎損傷

<損傷の程度の分類>

○小さな損傷

①腎挫傷(打撲や、少し出血した程度)

②皮膜下血腫(腎臓の身と膜との間に血が貯まっている)

③腎裂傷(1cm未満の傷がある)

○大きな損傷

④腎裂傷(1cm異常の傷があったり、傷が尿路まで達している)

⑤腎断裂傷

⑥腎臓の血管の断裂

 

<症状>

痛みや腫れ、血尿など、その損傷の程度によって様々です。出血が多いと、失血性ショックを起こし、大変危険です。

 

<治療>

小さい損傷であれば、内服などで治療できます。

大きな損傷になると、腎摘出や縫合などの手術が必要です。

 

膀胱損傷

尿が膀胱にたまった時に起こりやすいと言われています。腹膜内に達している場合と、達していない場合とで分類されます。

 

<症状>

・下腹部痛

・血尿

・尿意はあるが排尿がない

 

<治療>

基本的には、損傷した膀胱を縫う手術が必要です。

 

尿道損傷

男性に多くみられます。

転落などで陰部を強打したり、骨盤を骨折した時に起こる可能性が高いです。

 

<分類>

①尿道膜様部の損傷

骨盤骨折に伴って、膀胱の内側が損傷することが多いです。

 

②尿道球部の損傷

転落などで、固い物の上にまたがって打撲したときに起こります。

 

③尿道振子部の損傷

勃起した時に無理な外力が加わって起こります。

 

<治療>

損傷が軽い場合は安静にし、抗生物質を投与して経過観察をします。損傷がひどい場合には、尿道を作る手術を行います。

 

事故や怪我の場合は、その場で異常がないと病院に行くのをためらう方も多くいます。

 

しかし少ない出血量でも出血が続けばふらつきや貧血、ショックを起こすこともあります。事故や怪我にあったら、なにも症状がなくても医療機関を受診し、検査してもらいましょう。

(photo by //www.pakutaso.com/

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外傷に関する記事

事故などで腎臓を損傷したら迅速な検査と治療が必要

腎臓は肝臓の後ろ側にあり、背中側からは腰骨の両側くらいにある臓器です。事故など...

脇腹の痛みが激しい場合「腎臓」に外傷があるかも!?

  スポーツによる怪我や事故で外傷を負った時、その怪我の程度にもよりますが...


尿意があるのに尿が出ない!思わぬ膀胱損傷に気をつけよう!

膀胱は尿を貯める袋ですが、尿がいっぱいになっているときに外から強い力を受けると...

口腔粘膜を使って尿道を作る?!新しい「尿道再建手術」とは?

  尿道狭窄症では、一般的には内視鏡などによる尿道拡張術や尿道切開術、尿道...

カラダノートひろば

外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る