カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 病院 >
  5. 治療の進め方 >
  6. 保険は適用される?がん細胞を見つけるPET検査とは

ガン・悪性腫瘍

保険は適用される?がん細胞を見つけるPET検査とは

20051103_15.jpg


PET検査とは?


癌細胞は通常細胞に比べて、約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があります。

PET検査はこの性質を利用し、ブドウ糖に似た検査薬(FDG)に目印を付けて体内に注入し、その集まり具合を検出して診断します。

癌細胞が活発だと薬剤もそれだけ集まり、特殊カメラに映りますが、この検査は万能ではなく、映りにくいがんもあります。

この、目印となるものが陽電子(ポジトロン)で、周囲の電子と結合し、消滅するときに2本のガンマ線を正反対方向(180度)に放射します。

PET検査はこのガンマ線を検出することによって細胞の働きを画像化します。PET/CTはPET検査によって得られた画像とマルチスライスCTスキャナによる画像を融合し精度の高い画像によって診断します。

PET検査の得意な癌


PET検査を用いた癌検診では、見つかりやすい癌と、そうではない癌があります。

見つかりにくいものとしては、尿にで出てくるFDGと紛らわしい腎臓や膀胱にできるもの、前立腺や子宮にできる小さいものなどがあり、この種のものは見逃す可能性があります。

逆に、PET検査で見つかりやすいものは、以下になります。

・脳腫瘍
・頭頚部癌
・肺癌
・乳癌
・食道癌
・すい臓癌
・結腸癌
・直腸癌
・子宮癌
・悪性リンパ腫
・黒色腫など(癌の良性・悪性の鑑別診断)

保険適用されるか?


「検診」の場合は、適用外です。

PET検査は基本的に保険適用外で、癌の種類によっても保険適応の有無が変わるようで、保険適用は限られています。

保険が適応するがんは発見しにくい癌で、その場合も医者の紹介状があり癌の疑いがあった場合になります。


(photo by //wada.cocolog-nifty.com/pet/pet/ )

著者: ぷりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療の進め方に関する記事

内視鏡検査や病理検査など…がんを診断する4つの検査について

がんを発見するための検査方法は1つではありません。いくつかの検査を行ったうえで、...

がんには遺伝性腫瘍がある?遺伝カウンセリングを受けてみよう!

がんには遺伝性腫瘍というものもあります。遺伝性腫瘍は家族性のがんで、もともとがん...


がんで用いられる画像診断

  がんにかかっているか判断する方法の一つに画像診断があります。 画像診...

完治する可能性大!がん検診はどれくらいの人が受けている?

がんは早期発見が求められる病気です。早期発見、特にステージⅠの段階で発見すること...

カラダノートひろば

治療の進め方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る