カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. PTSD >
  4. 周囲の理解が大切!災害や事故で発症する可能性あり!PTSDとは

メンタル

周囲の理解が大切!災害や事故で発症する可能性あり!PTSDとは

 

 

 

自らが凄まじい外傷や死に直面するような体験をしたり、他者が同様の状況に直面したことを目の当たりにした出来事により心的外傷(トラウマ)を追い、その体験が極度なストレスとなり支障をきたす精神障害『心的外傷ストレス障害(PTSD)』と言います。

 

心的外傷ストレス障害(PTSD)の原因

1.戦争

死と隣り合わせの恐怖は、実際に戦争体験をした人にしか知りえません。

長時間に及ぶ極度の緊張、拷問、略奪、戦争犯罪など物凄い恐怖と極度のストレスがあるでしょう。日本では第二次世界大戦を経験した多くの方がPTSDを患ったことでしょう。

 

2.犯罪

・性的暴行の被害者

・強盗の被害者

・傷害の被害者

・殺人未遂の被害者または他殺を目撃してしまった方

 

3.災害

自然災害:台風・ハリケーン・竜巻・地震

2011年3月、多くの被害を残した東日本大震災により心に傷を負い、今もなおPTSDで苦しんでいる方が多いのです

人為災害:火事・公害など

火事によって家族の誰かが亡くなったり、自分自身が酷い火傷を負ったなど

 

4.予期せぬ災難

交通事故により家族を失ったり、自分自身が死に直面したなど

 

主症状

心的外傷の後は、無気力になったり、無力感があったり、酷くおびえている状態です。その後、心的外傷ストレス障害を患うと更に精神状態が悪化します。

1、心的外傷を再体験するようなフラッシュバックが度々起こる

2、フラッシュバックにより生理的反応が起こる(心拍数や血圧の上昇、発汗など)

 

治療法

1、カウンセラーの協力を仰ぐ

心に負った酷い傷をカウンセリングをしながら少しずつ改善していきます

2、薬物療法

専門医により抗うつ剤や抗不安剤を処方してもらいます

 

PTSDはきちんとした治療を行えば少しずつではありますが治る病気です。PTSDを患ったからといって塞ぎこまずに、カウンセリングや病院へ行くことが改善の道です。

 

(photo by://www.ashinari.com/2011/07/05-037350.php)

 

著者: akiakiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

PTSDに関する記事

聞いたことがあるはず!PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

  「PTSD」という言葉、耳にしたことはありませんか。 ニュースや新聞、ドラ...

強いトラウマが原因に… PTSDの3つの基本的症状

PTSDという言葉を良く聞くようになったのは、湾岸戦争から帰還したアメリカ兵...


心的外傷後ストレス障害「PTSD」に対する治療法

  PTSDは、「Posttraumatic Stress Disorder」...

PTSDチェックシート簡易版!特徴的な症状3つと併せて、セルフチェック♪

つらい出来事に出合った後、その出来事を思い出しては悲しかったり苦しい気持ちにな...

カラダノートひろば

PTSDの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る