カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 原因 >
  6. 10代でもアルツハイマーになる!?若年性アルツハイマー病

介護・認知症

10代でもアルツハイマーになる!?若年性アルツハイマー病

 

 

 

老人に多いとされてきた『アルツハイマー病』ですが、近年では18歳から64歳の若い世代に増えていることから『若年性アルツハイマー病』と呼ばれています

 

一般的にアルツハイマー病は65歳以上の高齢者に多い病気と認識されていました。

ところが最近では10代から30代のとても若い世代にアルツハイマー病の発症が確認されています。

しかも、40代50代に増加しているというのだから穏やかではありません。

 

若年性アルツハイマーの原因

原因は幾つもあるのですが、代表的な原因を挙げてみます。

 

1.遺伝によるもの

親族でアルツハイマー病の方がいる場合は注意をしなくてはいけません。少しでもおかしいなと思ったら病院へ行ってみましょう!

 

2.頭部に強い衝撃をうけた

交通事故にあって際に頭を強くぶつけたとか、転んだ時に頭を強く打ったなどの後遺症が原因になります。

 

3.脳の委縮

脳の委縮は女性に多くみられます

 

若年性アルツハイマーの予防は食事から!

高齢者に多いアルツハイマーではなく、若年性アルツハイマーの発症を予防するのには食事が一番です!

 

1、和食を食べましょう!

近年の若者は和食よりも洋食を好む傾向があります。若年性アルツハイマーの予防には和食が良いのです。

 

使った方が良い食材

①大豆

②鯖

③秋刀魚

④まぐろ

⑤緑黄色野菜

⑥海藻類

 

2、運動をする習慣を身につけましょう!

運動をすることにより高血圧やコレステロール値が下がり脳の血流量を増やし予防します。

 

若年性アルツハイマーの予防は食生活や生活習慣の改善から出来るのです!

発症してしまってからでは遅いのですから、今日から少しずつ実行していきましょう!

 

  (photo by:http://pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_28_69/products_id/1669)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

認知症患者の心に寄り添う~徘徊の種類と原因

  認知症の高齢者のうち、20%の人に起こるという徘徊は、近所を歩き回る、...

『認知症とアルミニウムの摂取には関係がある』の真偽は?

  現在では、『認知症とアルミニウム』の関連性は否定されている   1...


薬によって引き起こされる認知症

疾患の治療のために使用した薬によって認知症症状が表れることがあります。  ...

飲酒と認知症、アルツハイマーの危険な関係

  適度な飲酒はリラックスをもたらし、生活の楽しみにもなります。 その一...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る