カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 意外な病気の関係性 「痛風」は「腎障害」も併発する可能性大?

生活習慣病

意外な病気の関係性 「痛風」は「腎障害」も併発する可能性大?

 

 

贅沢病と呼ばれる痛風ですが、血液中の尿酸値が高くなることで引き起こされます。

この尿酸は腎臓にも影響し、様々な障害を引き起こします。

 

高尿酸血症による腎障害

①急性尿酸性腎症

尿酸が急に増加し、腎臓からの尿酸排泄量が増加します。

すると耐えきれなくなった尿細管が閉塞し、急に腎不全になります。

白血病などの治療で細胞が壊れることにより、尿酸が急に増加することで引き起こされることが多いです。

②高尿酸性腎症

尿酸が高い期間が続き、尿酸が尿細管や腎臓自体に沈着したことで腎障害が起こります。

これが、痛風によっておこる腎障害です。

 

合併症から腎障害になるリスクもある!

高尿酸血症では、痛風の様な関節炎だけでなく、尿路結石を合併することが多いです。

そうすると尿路感染を合併しやすくなるので、ここから腎障害に繋がる場合もあります。

また、肥満、高血圧、糖・脂質代謝異常を起こしやすく、腎臓の動脈硬化につながることで、腎障害を発症する可能性も出てきます。

 

どう治療する?

痛風の場合は、尿酸値を正常にするために尿酸生成抑制薬や尿酸排泄促進薬を使用します。

食事にも注意することが大切で、カロリーの制限やアルコールの減量が大切です。

野菜、果物、きのこ類などのアルカリ食品を摂取し、尿をアルカリ性に近づけることで、尿路に結晶ができることを抑えましょう。

尿量が増えるように、水分は積極的に取りましょう

 

痛風は罹患者も多い、非常に身近な病気です。

痛風による関節痛も辛いですが、腎臓にまで障害が出てくると仕事・生活への影響が大きくなります。

生活習慣と運動習慣を見直し、腎障害予防を行いましょう。

 

(photo by //www.pakutaso.com/201250photo318post-2117.html)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

注意!痛風患者の半数以上が脂質異常症にかかっている!?

  痛風の合併症の一つに脂質異常症(高脂血症)というものがあります。   ...

キケン!高血圧症の併発から広がる合併症

  痛風は合併症の多い病気とされ、痛風をきっかけとして様々な病気が連鎖していく...


痛風発作を繰り返した後にできるコブ、痛風結節とは?

痛風発作を何度も繰り返していると、どんどん痛風の症状が悪化していきます。最初は...

偽痛風の予防に可能性!○○の働きを高めることで痛風発作を予防できるかもしれない!

  痛風発作の予防というと、生活習慣に気をつけるように言われると思います。しか...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る