カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 飲酒と喫煙が多いほど発がんの危険性が!?口腔癌の症状とは。口内炎と勘違いしないで!口腔がんかも?

ガン・悪性腫瘍

飲酒と喫煙が多いほど発がんの危険性が!?口腔癌の症状とは。口内炎と勘違いしないで!口腔がんかも?

study1.jpg
 

口腔粘膜に発生するがん

口の中の粘膜にできる癌を総称して口腔癌と呼びます。
頭頸部の癌の中では喉頭癌と並んで多い癌です。

 

発生部位によって、舌癌、口腔底癌、歯肉(歯茎)癌、頬粘膜癌、硬口蓋癌などがあります。

 

最も多く過半数を占めるのが舌癌で、好発部位は舌の側縁部、舌の下面、舌の付け根の順です。
年間1000人強の人が亡くなっています。

 

口腔癌全体での死亡者数は年間約3500人です。
早期の段階では80%以上に根治が期待でき、全体でも60%前後と比較的良好です。
好発年齢は40~60歳代ですが、20歳代でもかかることがあります。
約2:1で男性に多く見られます。
 

原因

完全に解明されていませんが、飲酒と喫煙の量が多くなるほど発がんの危険性が高まるといわれます。
また、口腔の不衛生、むし歯や入れ歯による刺激、アスベストや化学薬品などとの長期間の接触も、危険因子とされています。
 

しこりや潰瘍に注意!頸部リンパ節に転移しやすい

小さな潰瘍やかたいしこりが徐々に大きくなっていく型と、白いまだらの病変からやがてがん化していく型があります。
自覚症状は、飲食物がいつもしみる場所がある、ヒリヒリする痛みを感じる、などです。
首のリンパ節に転移すると、首にしこりができます。

 

口腔癌は、あごの下や首のリンパ節に転移しやすいのが特徴です。
とりわけ舌癌は、舌がリンパ管に富むため、診断時にはすでに半数近い患者さんがリンパ節転移を起こしています。
 

治療

早期なら放射線療法単独か化学療法との併用、あるいはレーザー療法で治癒が期待できる場合もありますが、治療の基本は手術です。
化学療法は通常、術後の補助的療法や、遠隔転移した場合の治療に用いられます。

 

最も多い舌癌では、食事や会話で重要な役割を担う舌の機能を温存し、かつ根治させるために、さまざまな工夫がされています。

 

歯肉癌は早期から周辺組織に浸潤するので、外科療法が行われます。
外科療法と化学療法の併用で、良好な治療成績が得られています。
動注療法や放射線療法が追加されることもあります。

 

口腔底癌と口唇癌は、早期は放射線療法または外科療法、進行がんには外科療法が行われます。

 

 

口内炎と勘違いしないで!「白板症」は口腔がんの前段階

口の中に炎症やできものが発生すると、「口内炎でもできたかな」と気になりながらも病院にはいかず、自然治癒を待つか市販の薬を使用することが多いと思います。
 
しかし、口内炎かと思っていたら、実は「白板症」という疾患であったという例があります。白板症は、時間が経つとがんに変わる可能性が高いとされています。
 

■白板症と口内炎の違い

白板症は、頬の裏や舌など口の中の粘膜の一部が白く変化します。こすっても取れません。飲食時に痛んだり、しみたりする場合があるといった症状も共通しています。
 
最初のうちは口内炎と勘違いされることもあります。口内炎は1~2週間ほどで自然に治りますが、白板症は自然に治ることはほとんどなく、だんだんと範囲が広がっていく場合があります。
 
悪化するとびらんや潰瘍ができたり舌にしこりがみられるようになり、がんへと変化している可能性も高く、検査が必要になります。1ヶ月以上治らない口内炎があれば、病院でみてもらうようにしましょう。

 

 

■白板症になる原因とは

飲酒や喫煙による刺激や、入れ歯による長期に渡る物理的刺激、ビタミン不足などが原因とみられています。これらは口内炎ができる原因でもありますが、改善されず何度も口内炎を繰り返すとその部分ががん化してしまうことがあります。
 
たかが口内炎と軽視せず、原因を探って状態をよくするよう努めましょう。
 
白板症も口内炎も、見た目が白っぽかったり痛みがあったりと症状が似ていますが、自然に治らず広がっていくというところが大きく違う点です。白板症と診断された場合、がん化していないかどうか定期的に検査していくことになります。
 
初期のうちに切除できると、舌の機能を大きく損なうことなく治せるようです。思い当たる症状があれば、早めに病院へ行くようにしましょう。

 

 

口内炎かと思っていたら…口腔がんの一つ「舌がん」

誰にでもできる口内炎。できた場合、市販の薬を塗ったりビタミン剤を飲んだり、もしくはなにもせず放置するなどの対応をすることが多いのではないでしょうか。一般的な口内炎であればそれでも自然治癒することがほとんどですが、なかなか治らずにどんどん広がっていくなど症状が悪化するようであれば、口腔がんの可能性もあります。中でも、初期の「舌がん」は口内炎と勘違いしやすいようです。
 

■舌がんとは

口腔がんというのは口の中にできるがんの総称ですが、その中で最も多いのがこの舌がんです。そのほとんどが舌の縁にできます。白く濁ったような腫瘍が見られます。初期の痛みがなく小さく見えている段階では、自分では口内炎との区別がつきにくいでしょう。進行すると広範囲に腫瘍ができ、違和感や痛みが伴うようになります。舌の動きに支障が出たり、飲食物がしみるなどの症状が出ます。
 

■診断されるまで

初期のうちでも、専門の医師に診てもらえば発見することができます。触診による診断が主となります。また、CTやMRIで進行度合など病状を診断することもあります。
 

■このような症状があれば病院へ

口内炎だと思っていたものが1ヶ月以上経っても治らない、潰瘍が広がっていくなどの症状があれば病院へ行きましょう。また、「白板症」といって、舌が白く変化する病気がありますが、これが進行するとがんに変異することがあります。白板症も口内炎と区別がつきにくいのですが、1ヶ月以上経っても治らない場合は可能性を疑うべきでしょう。
 

 

初期のうちに発見できると、舌の機能を大きく損なうことなく回復できますので、気になる症状があれば「どうせ口内炎だろう」とそのままにせず、病院でみてもらうようにしましょう。

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガン・悪性腫瘍に関する記事

乳がんになりやすい人はこんな人!自分でできる乳がんチェック・しこり確認とは?治療にかかる費用と期間

  乳がんは年間4万人の人がかかっている、女性のがんで最も多くなってきている乳...


進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

  現在、胃がんは日本人のがん部位別発症率において第2位に挙げられるなど、...

免疫強化・がん予防のレシピ!気をつけるべき食べ合わせ!リコピンの効果とは!?

免疫強化・がん予防に☆「舞茸と玉ねぎのにんにく炒め」レシピ 舞茸には、カリ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る