カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. バセドウ病(甲状腺機能亢進症) >
  5. 甲状腺機能亢進症で身体が加速する?!

気になる病気・症状

甲状腺機能亢進症で身体が加速する?!

 

甲状腺からは身体機能を活動的にするホルモンが出ています。

甲状腺が働き過ぎるとこれらのホルモンの過剰分泌が起こって、身体に様々な障害をきたします。

これを甲状腺機能亢進症と言います。

 

甲状腺機能亢進症の原因

○バセドウ病(プランマー病)

甲状腺機能亢進症の原因としては最も多く、80%以上がバセドウ病からであると言われています。本来は身体を守ってくれる抗体(免疫機能)によって甲状腺が刺激されて発生する自己免疫疾患です。

 

○中毒性多結節性甲状腺腫(プランマー病)

甲状腺の一部の組織が異常増殖して、甲状腺刺激ホルモンとは関係なく甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

 

○破壊性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、急性化膿性甲状腺炎があります。

 

○その他

甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍が出来たり、甲状腺ホルモンの過剰摂取、薬剤やヨードの摂取によって引き起こされます。

 

症状

甲状腺ホルモンは身体機能を活発にするホルモンです。過剰に分泌されることによって、イライラ、発汗過多、神経過敏、体重減少、不眠、筋力低下・筋委縮、手指が震える、動悸、眼球突出といった症状が見られます。

 

治療法

甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬剤を服用します。

平均すると二年ほどで寛解し、甲状腺は元に戻ります。

しかし、服薬の中止によって2年以内に40~60%程度が再発します。

 

それでも良くならなかった場合は、放射線治療や手術があります。

 

まとめ

甲状腺機能亢進症は女性に多く、症状も疲れやすくなったり発汗が多くなるなどの症状から働き過ぎや疲れ、神経症と間違われ見落とされがちな病気です。

もし上記のような症状が出てきたら、まずは内分泌専門医の診察を受けてみましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/31-366413.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に関する記事

完治を目的としたバセドウ病の手術の方法とリスク・費用

バセドウ病の治療には手術が行われることもあります。内服薬による治療、手術によ...

なんで疲れがとれないの…?その疲れの原因は、もしかしたらバセドウ病によるものかも?

疲れというのは、生活中で生じるものですから、あまり気にしないでしょう。ですが...


バセドウ病の初期症状とアロマでの対処法

  ◆バセドウ病 バセドウ病は甲状腺機能に障害をきたす病気です。 甲状...

家族がバセドウ病だと気になる…バセドウ病は遺伝する病気?

  自分の家族がバセドウ病だったり、親戚にバセドウ病の患者がいるともしかし...

カラダノートひろば

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る