カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 胸膜炎 >
  5. ウイルスや細菌が原因で胸膜炎になったら

気になる病気・症状

ウイルスや細菌が原因で胸膜炎になったら

胸膜炎とは?

 胸膜炎は多くの場合、肺の炎症や肺門リンパ節の炎症が隣接する胸膜に影響を及ぼし、そこに炎症が起こる病気です。

  

様々なウイルスや細菌が原因

 最も多いのは結核性の胸膜炎で、肺や肺門リンパ節の結核から結核菌が胸膜内に進入して起こります。

 その他には、肺炎球菌、れんさ球菌、マイコプラズマ、カビ菌、肺吸虫

などがあります。

 

胸膜炎の症状

結核によるもの

 はじめのうちは殆ど症状に気がつかなかったり、そのまま自然に治ってしまう場合もありますが、症状が悪化してくると、

発熱・咳・痰→胸や背中の痛みが表れます。

胸水が溜まり、圧迫されてくるとチアノーゼを引き起こします。

 

結核以外の細菌性ウイルスやマイコプラズマ性肺炎によるもの

 肺炎の症状(高熱・咳・痰)→胸水が溜まり胸痛が起こる

結核による胸膜炎よりも胸水は少なく、X線撮影でやっとわかる程度

 

細菌性肺炎によるもの

 肺化膿症などから膿胸になった場合は、経過がかなり長引きます。

膿が溜まると高熱となり、血液中の白血球が増加し、全身状態が悪化します。

肺に穴が開いて気管支ろうが出来ているときは、咳が多くなり膿が痰として吐き出され、時には血痰となることもあります。

  

治療とその後の対応

 ウイルス感染症が原因のときは、特に治療は必要ありません。

自己免疫疾患が原因のときは、コルチコステロイド薬による治療ですぐによくなります。

 

非ステロイド性抗炎症薬は、すべての胸膜炎の胸の痛みを抑えてくれます。

コデインなどのオピオイドはさらに強力に痛みを緩和させますが、咳も同時に抑えてしまいます。

 

咳や深呼吸は、肺が潰れるのを防ぎ、結果的に肺炎を予防しています。

ですから、胸膜炎の患者は胸の痛みが治まったら、深呼吸や咳をするよう勧められています。

 

胸部の胸の痛みには、枕など柔らかいものを当ててやると痛みが軽減します。

胸部を固定すると痛みは軽減されますが、肺の拡張を妨げてしまうので、肺がつぶれる無気肺や肺炎を引き起こすリスクが高くなるので、控えるようにしましょう。 

(Photo by://www.pakutaso.com/

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胸膜炎に関する記事

胸膜炎を判断するには深呼吸でチェック

胸膜炎と言えば、やはり目立った症状は胸の痛みとなります。ですが単に胸の痛みと言...

胸や背中の痛みは胸膜炎を疑え!

    胸膜炎とは? 胸膜炎とは肺の表面を覆っている薄い2枚の膜の間に水がたま...


喫煙者ほど胸膜炎には注意が必要

    胸膜炎となる胸膜は呼吸の要となる肺をくるんでいる部位です。 この関...

災害時に起こりやすい!細菌性胸膜炎

  胸膜炎とは、肺をつつむ膜に炎症が起こり、水分を吸収できなくなることで、...

カラダノートひろば

胸膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る