カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 伝染性紅斑(リンゴ病) >
  6. 頬が赤くなる!伝染性紅斑(りんご病)について知っておこう

育児・子供の病気

頬が赤くなる!伝染性紅斑(りんご病)について知っておこう

rinngo.jpg

正式名を「伝染性紅斑」と言い、頬がりんごのように赤くなることから、りんご病ともよばれます。小児科などで診断される際には、お医者さんもわかりやすく「リンゴ病」と言うため正式名称は耳にすることが無いかもしれません。

 

りんご病の症状

学齢期前後から小学校低学年までのこどもに多く、まれに大人もかかることがあります。まず頬が赤くなり、そのあと手足にも赤い発疹が出てきます。

大人の場合は、倦怠感と関節の痛みをともない、頬に発疹が出ないこともあり、風疹と間違われることもあります。

 

紅斑の好発部位

うで、おなか、太もも、おしりなどが多いそうです。

 

感染経路と潜伏期間

ウイルスによる感染症のため咳やくしゃみなどの飛まつ感染が原因となります。

 

診断方法

血液検査で調べることができます。

 

治療方法

症状が現れたときはすでに感染力はなく、自然に治ることが多いことから、経過をみるだけで特別な治療はしません。

 

ただし、妊婦やほかの病気をもっている人は症状がひどくなることがあるので、注意深く見守ることが必要です。

(photo by //www.sai-create.com/photograph/2010/1004.html )

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

伝染性紅斑(リンゴ病)に関する記事

かわいい赤ほっぺにもご用心!りんご病(伝染性紅斑)の症状まとめ

   誰もが一度は耳にしたことのある「りんご病」。実際にどのような症状が出るのか...

幼児がかかるりんご病、その特徴と対策とは?大人がかかると重症化しやすい!

幼児期はいろいろな病気にかかって、それを克服する過程で免疫力を高めていきます...

伝染性紅斑(リンゴ病)の体験談

りんご病は感染中は無自覚・無症状で気付きにくい。

りんご病って本当にほっぺが赤くなるんだ。 りんご病に子供がなった時の感想です。 ある日手足に...

カラダノートひろば

伝染性紅斑(リンゴ病)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る