カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 大腸炎 >
  5. 病気を治す薬が、大腸炎を引き起こす!?

気になる病気・症状

病気を治す薬が、大腸炎を引き起こす!?

 

 

小さな病気でも大きな病気でも、体調に異変がでると必ず使うのが薬ですよね。

病気を治し、体調を整えるための薬ですが、これが稀に悪さをして別の病気を引き起こしてしまうことがあります。

 

薬剤性大腸炎とは

抗生物質や抗炎症薬(ステロイドでないもの)によって引き起こされる、大腸炎です。

薬物投与によって、大腸の中の細菌が変化することで起こると言われています。

幼少児・高齢者に多く起こる「偽膜性大腸炎」と、青年・中高年に多く起こる「出血性大腸炎」とがあります。

 

偽膜性大腸炎

原因菌:グラム陽性の嫌気性菌(Clostridiumu difficile)

病気を引き起こす薬:セフェム系の抗生物質

好発する人:幼少児・高齢者

症状:下痢、しぶり腹(排便したのに、また排便したくなり繰り返しトイレに行く)

 

出血性大腸炎

原因菌:大腸菌、クレブシエラ・オキシトカなど

病気を引き起こす薬:合成ペニシリン(ABPC)など

好発する人:青壮年

症状:血の混じった下痢、腹痛

 

治療方法

原因となっている薬を中止することが、最も重要です。

出血性大腸炎の場合は、これだけで自然に治ります。

偽膜性大腸炎であれば、更にバンコマイシンによって原因菌の毒素を除去することが必要です。

 

抗生物質や抗炎症薬は、日ごろからよく使うことの多い薬です。

このような薬が悪い影響を及ぼす背景には、免疫力の低下が深く関係しています

十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸炎に関する記事

難病指定の潰瘍性大腸炎(UC)

  具合が悪いと病院に行き、医師から診断が出ます。 病気には必ず原因があ...

若い人に急増!潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは?潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍(深い傷)が...


真っ赤な血便が出た時に考えられる疾患とは

真っ赤に血で染まった大便は明らかな異常のサインです。真っ赤な大便ができることか...

日常生活で気をつけるポイント!潰瘍性大腸炎

日常生活で気をつけるポイント!潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は、長期にわたる慢性の病...

カラダノートひろば

大腸炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る