カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝性脳症 >
  5. 肝臓の病気を持つ人は、肝性脳症に気をつけよう!

気になる病気・症状

肝臓の病気を持つ人は、肝性脳症に気をつけよう!

 

 

肝臓は多くの機能を担っている、非常に大切な臓器です。

この肝臓が病気に侵されると様々な症状が出ますが、特に肝性脳症には気をつけなければいけません。

 

肝性脳症とは

高度な肝障害によって起こる、肝機能不全状態です。

肝臓は便から出るアンモニアを分解するなど、解毒する作用を持っています。

これが肝障害によって妨げられることにより、体内に毒素が貯まり、血流に乗って脳へ達することで様々な症状を引き起こします

特徴的な症状があり、早期に治療することが大切です。

 

症状

・黄色い肌

・むくみ、腹水

・口臭(卵が腐ったような臭い)

・羽ばたくような仕草の振え

・眠くなる

・錯乱

 

治療方法

1急性期

肝臓の細胞が壊死(腐る)しないようにするため、ステロイドや免疫抑制剤などの薬を使用します。

2慢性期

タンパク質は、体内で分解されるとアンモニアに変化します。

腸から毒素が出ないよう、低たんぱく食にし、排便を促すための薬(ラクツロースなど)を使用します。

胃にピロリ菌がいると、胃でもアンモニアを発生させてしまいますから、除菌薬を内服します。

3急性期・慢性期共通

むくみや腹水を改善するため、アルブミン製剤を使用します。

薬の治療で改善されない場合は、肝移植を検討する必要があります。

 

体にとって肝臓の持つ解毒作用は、大変重要な役割です。

肝臓の病気にかかったら、その病気が治るまでしっかり治療を行いましょう。

もしも上記のような症状が出たら、すぐに医療機関を受診してください。

 

(photo by //www.pakutaso.com/201212photo219post-1800.html

 

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝性脳症に関する記事

肝性脳症の予防治療は食事制限

肝性脳症となるのは肝臓の機能が万全でなくなり、血中にアンモニアを初めとする有害...

肝性脳症が進行する五つの段階

    肝性脳症は、肝機能が失われたことにより血中の有害物質の濃度が増加...


肝機能障害による肝性脳症

    肝臓の疾患により肝機能障害となってしまうと、肝臓の働きが著しく損...

血中のアンモニア濃度が肝性脳症の原因?

肝臓の機能が失われると、タンパク質を分解したことで発生した有害物質が、血液によ...

カラダノートひろば

肝性脳症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る