カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 乾いた激しい咳が続く…マイコプラズマ感染症の治療法は?

育児・子供の病気

乾いた激しい咳が続く…マイコプラズマ感染症の治療法は?

baby%20toddler%20asleep.jpg

乾いた激しい咳が、頑固に続くのが大きな特徴


頭痛、倦怠感、発熱、咽頭痛等のカゼ症状からはじまり、次第に咳や痰がひどくなります。
無治療なら2週間ほどこの症状が続き、1ヵ月で軽快する事もあります。
発熱が続いたり、息苦しくなってきたりすると肺炎になっている事が多いです。

■治療は?


マイコプラズマ感染にはセフェム系及びペニシリン系の抗生物質は効きません。

マクロライド系抗生剤(クラリス、リカマイシン、ジスロマック等)を使用します。

最近はマクロライド系抗生剤が効かないマイコプラズマが増加しています。

この場合、小児ではニューキノロン(オゼックス)、テトラサイクリン(ミノマイシン、ミノペン等)が有効でした。
ミノマイシンは小児に使用すると、歯に色素沈着をきたすことがあるので、少し大きめの小児に使用することが多いです。

(Photo by //allabout.co.jp/gm/gc/379668/ )

著者: くまさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

冬のお出かけ、感染予防で気をつけたいことは?

冬場に子どもを連れてのお出かけ。子どもの健康のために気を付けたいのはどのような...

胃腸炎にともなう下痢、ホームケアで気をつけることとは?

  子どもが下痢をしたため受診したら、胃腸炎とのこと。下痢のホームケアでは...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る