カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 怖い肺炎球菌~赤ちゃんを守るためにワクチン必須!肺炎球菌について

育児・子供の病気

怖い肺炎球菌~赤ちゃんを守るためにワクチン必須!肺炎球菌について

一言に肺炎と言っても実はさまざまな種類があります。その中の一つに「肺炎球菌」という細菌によって感染するものがあります。肺炎の中でも症状が重く、感染力が高いので最も気を付けたい肺炎と言ってもいいかもしれません。

 

◆最大の予防はワクチン接種

肺炎球菌に対する最大の対策は「小児用肺炎球菌ワクチン」を打つことです。生後2か月から接種することができるので2か月になったらすぐに接種をしてください。なぜなら感染した人の約半数が1歳未満だからです。それ以降もとくに5歳になるまでのお子さんはすぐに受けてください。

 

◆症状

・肺炎の発症に先立って咳(せき)・鼻水・喉の痛みが出ることが多い

・痰(たん)

・38.5℃以上の熱

・頭痛

・咳に伴う胸痛

痰に関しては初期段階ではあまり見られず、症状が悪化するにつれ肺出血のせいで「鉄さび色」と言われる特徴的な痰が出るようになります。

 

◆赤ちゃんがあぶない!

大人が感染しても重い症状がでる肺炎球菌ですが、特に2歳以下の子どもには肺炎球菌に対する免疫がほとんどないため、感染した場合に重症化することがとても多いです。高齢者もかかりやすく、感染すると以下のような病気を起こす可能性があります。

・細菌性髄膜炎

・菌血症

・敗血症

・肺炎

・中耳炎

 

◆重症以外に道はない?!

子どもが細菌性髄膜炎に感染した場合、重症になることが多いです。死亡率は10%、後遺症が残る確率は40%とも言われています。それは早期にあまり症状が出ないこと、血液検査でも風邪などと区別がつきづらいこと、髄膜炎と診断されても抗菌剤が効かない「耐性菌」が多く治療が難しいことが理由として挙げられます。

他にも肺炎球菌から起こる中耳炎も耐性菌が多く、肺炎の場合はウイルス性肺炎となってたいへん重症になってしまいます。

 

もちろん肺炎になっても重症度が高いですが、その他にもこんなに命に係わる危険があるのです。お子さんのために予防接種の計画についてお医者さんと相談してみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: さだはるさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

子どものインフルエンザ予防にワクチンを受けさせたいけど何歳からならOKなの?

インフルエンザの時期になったら予防接種を受けよう、と考えている方も多いかもし...

「四種混合ワクチン」で予防できる病気は?赤ちゃんの予防接種

    2012年11月、従来の三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る