カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 膵炎 >
  5. 膵炎を予防するにはアルコール制限

気になる病気・症状

膵炎を予防するにはアルコール制限

 

 

膵炎の最たる原因と言えば、アルコールです。
膵炎になる男性の内、ほとんどが
アルコール性の膵炎であり、アルコールを摂取し続ける限り、膵炎の症状は悪化の一途をたどります。

コーヒーの
カフェイン、煙草のニコチンなど膵臓の負担になる要素は他にもたくさんありますが、アルコールによる膵臓の負担は、飲酒がほぼ義務となっている社会人男性にとって大きなリスクとなっているのです。

日本の一般社会において会社員など
酒の付き合いを避けることは非常に難しく、もし可能としても実際に慢性膵炎など重篤な疾患に罹らなければ、酒を断ることは困難と言わざるを得ません。


■アルコール摂取による膵炎


アルコール性膵炎
膵炎になる最も有力な原因がアルコールです。
男性の膵炎患者の内、アルコール性膵炎の割合が極端に高く、
アルコールを制限しなければ膵炎は悪化し続けてしまいます。

 

●アルコール性慢性膵炎
アルコールを制限して膵炎を解消しなくては、いずれアルコール性の慢性膵炎となってしまい、
膵臓が使い物にならなくなってしまう可能性もあり得るのです。

■社会人、特に
日本の場合はアルコールの摂取=仕事の付き合いであり、ノミニケーションなどという言葉すらあるほど、対人交流の一環として受け入れられています。

ですが、
一過性の急性膵炎ならまだしも、慢性化してしまえば、膵臓がほぼ使い物にならなくなる危険性があることを考えると、もっとアルコールを断りやすい環境作りが必要かもしれません。

 

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2647)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膵炎に関する記事

急性膵炎の二大原因

  ■急性の膵炎になる原因には主に二つのものがあります。それはアルコールに胆石...

1型糖尿病の最先端治療「マイクロカプセル化ブタ膵島細胞移植」とは?

今月17日(2016年3月)の読売新聞の記事に、大塚製薬工場によって最先端の...


膵臓が破壊される慢性膵炎

  ■単に膵炎ならば膵臓が炎症になり、自然治癒する余地が残されていましたが、慢...

慢性膵炎の治療法

  ■慢性膵炎となってしまえば、膵臓の機能は失われ、膵臓の炎症を治しても機能が...

カラダノートひろば

膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る