カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 気管支炎 >
  5. びまん性汎細気管支炎は難病

気になる病気・症状

びまん性汎細気管支炎は難病

 

びまん性汎細気管支炎は、気管支が枝分かれしてだんだん細くなり、肺胞に入る手前の部分を呼吸細気管支といいますが、この部分が慢性的炎症を起こります。

そのために、長期間咳や、膿性の痰が出たり、息切れがしたり、症状が進んでくると呼吸困難をも引き起こす病気です。

 

難病にしていされている病気

このびまん性汎細気管支炎は、難病に指定されている病気で、発症率は10万人に11人というデータが過去に出されています。

 

遺伝性は少なく、慢性副鼻腔炎を合併することが多いことから、体質的な問題が原因であると考えられており、未だ明確な原因は解明されていません。

 

また、男女問わず年齢層も広範囲の年齢層で発症しますが、日本や韓国、中国といった東アジアで多く見られる病気であり、白人には滅多にみられないことから、人種特異性の病気であるとされています。

 

びまん性汎細気管支炎は発見が難しい!

 

びまん性汎細気管支炎は難病に指定されている、まれな病気であるため、発見が難しいのが現実です。

実際、慢性の気管支炎などと他の病気だと診断され、長期にわたる薬の服用をしていたけれど、一向に良くなる気配は無く、他の病院で診察してもらったら、びまん性汎細気管支炎だと診断されたということは、珍しくないようです。

 

決して病院側の診断ミスとは言い切れない、それほどびまん性汎細気管支炎は珍しく、診断するのが難しい病気であるのです。

もちろん、診断された病名が違ってくれば服用する薬も変わってきますし、治療法も変わってきます。

 

もし長期間、咳や痰が続いていて息切れもする、病院で薬を処方してもらっているけれど一向に良くなる気配が無い、といった場合の人は他の病院を受診することも考えてみたほうがよいでしょう。

 

また、びまん性汎細気管支炎は難病に指定されているため、申請手続きをすると収入により医療費が助成される制度があります。

もしびまん性汎細気管支炎だと診断されたならば、担当医師に相談し早急に申請手続きの為の書類を作成してもらうようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201320photo057post-2464.html)

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

気管支炎に関する記事

気管支炎と気管支喘息、一体何が違うの?

気管に起きる病気の代表格ともいえるのが、気管支喘息と気管支炎です。この2つの病...

換気障害の原因となるびまん性汎細気管支炎

    びまん性汎細気管支炎は副鼻腔気管支症候群の一つに分類され、その病変が...


重症化すると気管支炎にも?RSウイルス感染症について

  RSウイルス感染症は、いわゆる風邪の原因の一つです。毎年11月から1月...

気管支炎の人が積極的に摂取したい食べ物

気管支炎で辛いときでもしっかりと栄養を摂った方が良いのですが、どうせなら気管...

カラダノートひろば

気管支炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る