カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 意外と知らない!上手な歯磨きのポイント

気になる病気・症状

意外と知らない!上手な歯磨きのポイント

haburashi.jpg


意外と知らない!上手な歯磨きのポイント

■歯磨きのコツ


虫歯や歯周病を予防するために最も重要なことは、正しい歯の磨き方で虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を毎日こまめにしっかりと落とすことです。
食後が一番お口の中が酸性化するため、虫歯を防ぐ一番いい方法は食後すぐに磨き残しがないように1本1本ていねいに奥歯まで歯磨きをすることです。
不規則な歯並びの場合は、そうでない場合と比べると歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に磨きの残しが多くなるため、歯間ブラシやデンタルフロスを使用することをおすすめいたします。

就寝前の歯磨きは一日の中でも最も重要になります。
就寝中は特に唾液の分泌が少ないため、お口の中で細菌が繁殖しやすい状態になります。
そのため夜寝る前には、時間をかけて念入りに磨くことが大切です。
予防の一番の近道はプラーク(歯垢)の繁殖を防ぐことです。

■歯を磨くポイント


歯を上手に磨くポイントは自分の歯並びや歯の形をよく知ることです。
お口の中には、歯と歯の間や、歯と歯ぐきのすき間、奥歯の届きにくいところ、歯の裏側など、複雑なたくさんのデコボコがあります。
奥歯のみぞや歯と歯の間、歯と歯ぐきのさかいめなど、歯ブラシが届きにくいところは、磨き残しがとくに多いため、1本1本ていねいに意識しながら磨くようにしてください。
歯ブラシのヘッドの部分は小さめの方が奥歯の隅まできれいに磨くことができます。
また、歯を磨く際に、強く磨いた方が、汚れが落ちやすいと勘違いされている方も多いと思いますが、強い力で歯を磨くと歯や歯ぐきに負担をかけ、傷つけてしまうことと、歯ブラシの消耗も早くしてしまうため、おすすめできません。
時間をかけて優しくていねいに磨くことをおすすめします。

■歯ブラシの選び方


①小さ目の歯ブラシを使う

歯ブラシが大きいと、歯と歯茎の境目の細かい箇所に毛先が当たらなくなってしまいます。
ブラッシングで大切なことは、汚れの溜まりやすい箇所に毛先を当てて振動させることです。
そのためには、どうしても小さめの歯ブラシを使うことが大切です。


②歯ブラシの硬さ

歯ブラシの硬さは、健康な歯茎の人なら、普通か硬めが良いでしょう。
しかし、歯周病が進んでいる人は、初めは軟らかめの歯ブラシで歯茎を十分に引き締めておき、出血がなくなってきたら普通の硬さに戻すのがよいでしょう。

③歯ブラシの交換の時期

歯ブラシは消耗品である以上、適切な時期に交換する必要があります。
人によって交換する目安は違うかもしれませんが、1カ月に一度は新しい歯ブラシに変えるのがオススメです。。
毛先の弾力性がなくなっているものを使っていると、汚れを取り除く歯ブラシの能率が落ちてしまいます。
新しい歯ブラシに替えたときに、歯茎に傷をつけて、ブラッシングが痛く感じるようなら、歯ブラシの交換時期を長引かせすぎたと思っても良いでしょう。

(Photo by //item.rakuten.co.jp/cds-r/hr-259/ )

著者: しぶやんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

口内炎に潜んだ怖い病気

    通常の口内炎であれば3・4日くらいで治まり、長くても1週...

歯磨きで吐き気がする?3つの原因と対策法

 歯磨きをすると吐き気がするのであまり歯磨きは好きではない方もいるようです。歯...


歯医者に長年行ってない方要注意!見逃さないでほしい歯周病初期症状

  歯周病は初期にはほとんど症状が出ない病気としても知られています。症状が出て...

歯周病菌と日常生活から考える歯周病の原因

  日本人の80%以上に罹患の可能性がある病気が歯周病です。歯周病という名前は...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る