カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 意外?日本食は実は「低タンパク食」だと知っていますか?

健康診断・健康管理

意外?日本食は実は「低タンパク食」だと知っていますか?

日本食は低たんぱく食だった

 

たんぱく質の役割

たんぱく質は、身体の殆どの組織を作るうえで必要不可欠なものです。

内蔵や神経、血液や筋肉や骨、そして髪や爪に至るまで、人間の身体の様々なものがたんぱく質で出来ています。

そして人間が生きていくのに必要な代謝という働きにも、このたんぱく質が重要な役割を果たしています

つまり人間が生きていくのに、たんぱく質は必要不可欠なものということなのです。

 

日本食の特徴

日本食というと、白米にお味噌汁、魚と漬物というイメージがあります。洋食がパンにスープ、そして肉とサラダというイメージであるのに比べると、あっさりした低カロリー食であるように思えます。

しかし、低カロリーであるから良いというものではなく、代表的な日本食では、たんぱく質が十分に摂取できていない状態低たんぱく質であることがわかっています。

 

このように一見低カロリーで良い食事だと思っていても、実際はたんぱく質不足となっていることもあり、たんぱく質の摂取方法には、十分注意が必要だということです。

それでは低カロリーであってもたんぱく質を十分に摂取するにはどうしたらよいか?それは、良質の高たんぱく質を摂取することなのです。

 

高たんぱく質の食品を摂取

日本食は魚中心で比較的高たんぱくであるように思えます。

しかし、実際にはその質と量のバランスによって低たんぱくとなってしまっていることもあるようです。

良質で高たんぱく食を摂取し、その質や量にも気を使った食生活を心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by:http://www.pakutaso.com/201249photo171post-1603.html)

 

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

実は増えてる、出回っている!遺伝子組み換えの生鮮食品の表示方法と見方

  農業の技術のひとつが遺伝子組み換えです。1990年代後半からは世間にも広く...

蛋白質を摂ろう!血行改善のために筋肉を増やす栄養素

  血行を改善するために、最も必要なものは筋肉です。 筋肉の活動は血行を良...


赤血球数を増やそう!鉄欠乏性貧血と貧血改善の食事とおすすめ食材

  貧血は赤血球数が少ないことによって起きています。特に女性は5人に1人が...

胃腸風邪の時に取っても良い食事とダメな食事とは?

   胃腸風邪になってしまったら、食事の事よりも、どうしたらこの下痢と嘔吐の苦...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る