カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 子どもの蕁麻疹の症状と対処法について知っておこう!

育児

子どもの蕁麻疹の症状と対処法について知っておこう!

じんましんという症状は知っているけど、実際になったことがなければ、どのような症状や対処が必要かわからないですよね。蕁麻疹の対処法についてまとめました。

 

■蕁麻疹ってなに?

じんましんとは突然皮膚にできる痒みをともなう赤い(時には白い)蚊にかまれたようなふくらみです。

大きさはいろいろですが、掻くとどんどん広がります。

ふつう、数時間もすれば自然に消えていきますが、他の場所から次々に新たなものが出てくることもあります。

 

■蕁麻疹はなぜ出る?

じんましんには、アレルギー性のものと、非アレルギー性のものがあります。アレルギー性じんましんの原因となるのは、食べ物、食品添加物、動植物などです。アレルギーの原因物質が、体の中で異物として認識されると、細胞からさまざまな化学物質が放出されます。ヒスタミンという物質が皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を血管の外に浸み出させるため、皮膚が赤く腫れます。

 

また、ヒスタミンはかゆみを感じる神経を刺激するため、かゆみも出現します。これが、アレルギー性じんましんの起きる代表的な仕組みです。

 

非アレルギー性のものとしては、摩擦や圧迫、熱さ、寒さなどで出るものがあります。特に冬になると、それまで外の寒い場所で体が冷えていて、急に温かい室内などに戻ると、蕁麻疹がでることがあります。非アレルギー性じんましんでは、かゆみが伴わないことも、まれにあります。

 

■子どもがかゆがっているときの対処法

蕁麻疹のかゆみは強く、大人でも辛いときがあります。お子さんがかゆがっている場合は、蕁麻疹が出ている患部を冷やしてあげましょう。(ただし、寒冷蕁麻疹の場合は避けましょう。)

 

摩擦や圧迫、振動などの刺激を与えないようにしたりしましょう。

血行がよくなると、じんましんが悪化しやすくなります。

 

■蕁麻疹の治療

治療の中心となるのは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの内服薬です。じんましんの原因が分かっている場合は、それを遠ざけることが一番の予防です。じんましんがあらわれるまでの1時間に、何を食べたか、何か薬を飲んだか、どんなことがあったか、よく思い出すことが大切です。

血液検査などで蕁麻疹の原因を特定することも可能です。

 

過労やストレス、睡眠不足は、じんましんを起こしやすくする誘因となります。日ごろからお子さんの様子を見て、規則正しく十分な栄養を摂った生活を心がけましょう。

(photo by:http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

子どもが下痢の時に処方される薬はどんなものがあるの?

子どもが下痢をして病院を受診した時に処方される薬をまとめました。   どんな時...

公園から帰ってきたら子どもが激しいかゆみを感じている…かゆみの原因は何?

子どもたちと遊んで帰宅すると、子どもが痒いと訴える…そんな症状を目の当たりにし...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る