カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 死ぬより苦しい?!肺気腫には要注意!その症状や治療法とは

気になる病気・症状

死ぬより苦しい?!肺気腫には要注意!その症状や治療法とは

肺気腫は、肺実質が破壊され、終末細気管支より抹消の気腔が深逆に拡大した病態です。

 

進行すると呼吸機能が極端に落ちるために、服を着替えただけで息切れがする、家の中のトイレに行くだけで息切れがする、といった常に溺れているような苦しさを味わうことから、肺気腫は死ぬよりも恐ろしいと言われています。

 

肺気腫の原因

長期的な喫煙が一番の原因と言われています。大気汚染や、職業的粉塵(炭鉱での粉塵、アスベスト)が原因となることもあります。

 

遺伝的要因もある人が、これらの吸入によって気道や肺胞が炎症を起こし、肺気腫を起こすと考えられます。

 

肺気腫の症状

労作時呼吸困難、体重減少、気胸、肺性心(右心室不全)、呼吸不全、呼吸性アシドーシスなどが起こります。

 

他覚的な所見としては、ビール樽状胸郭(潰れた肺胞で少しでも多く呼吸するために胸郭が大きくなります)、口すぼめ呼吸、ばち状指、が見られます。

 

肺気腫の治療

何よりも禁煙することです。改善することはありませんが、肺気腫の進行を遅らせることができます。

 

気管支拡張薬、呼吸器リハビリテーション、在宅酸素療法、外科手術が行われる場合もあります。

 

肺気腫の予後・経過

根本的には治癒しません。肺炎を合併し、最終的に呼吸不全で死亡する例が多くなっています。

 

まとめ

肺気腫は非常に苦しい病気です。喫煙が非常に重大なリスク因子となってくるので、まずは少しずつでもタバコの本数を減らしてみましょう。

 

肺気腫に鍼灸治療を!

肺気腫とは、終末細気管支より抹消の肺実質が炎症をおこして固くなり、呼吸障害の出る病気です。

末期像では着替えをするだけで息切れを起こす方も居るほどに呼吸能力は落ちてしまいます。 

呼吸障害によって呼吸性アシドーシスや肺性心(右心不全)を引き起こす事もあります。

 

根本的には治癒しない病気なのですが、鍼灸治療を受けることによって呼吸がしやすくなります。

 

呼吸は二種類

呼吸の仕方には腹式呼吸と胸式呼吸の二種類があります。

○平静時には横隔膜を使用した腹式呼吸を中心として呼吸をします。

○運動時や興奮時には胸式呼吸が中心となります。肩で息をすると言いますが、胸式呼吸では肋骨の筋肉と肩や首の筋肉を使って胸郭を拡げて呼吸します。

 

鍼灸治療が効く理由

肺気腫の患者さんは肺胞が潰れてるのを代償するために、常に胸式呼吸も行っています。

本来なら安静時には使われることのない胸式呼吸のための肩や首の筋肉も、24時間胸式呼吸を行うためにフル稼働しています。

これらの筋肉は24時間使われるために出来ていないので、それほど大きくありません。なので、使い続けると疲労がすぐに溜まります。

 

症状が進行した肺気腫患者さんの首肩周りは固く張ってガチガチになっています。

鍼灸治療ではこれらの筋肉を緩めてくれるので、呼吸が楽になります。

 

鍼灸院選びをする時の注意点

肺気腫患者さんの肺は、健常な人よりも拡大しています。

健常な人には無い範囲にまで肺気腫患者さんの肺はあるので、教科書通りに刺鍼をすると気胸を起こすリスクがあります。

健常な人なら気胸を起こしても(片方の肺なら穴が空いても)安静にしていれば命にかかわる事はありませんが、呼吸能力が落ちている肺気腫患者さんの場合は命取りになる可能性があります。

必ず肺気腫患者の治療を行ったことがあるのか問い合わせてみましょう。

 

まとめ

肺気腫は根本的には治癒することのない病気ですが、治療を行う事によって日常生活の苦しみを和らげる事は出来ます。

その一つとして鍼灸治療を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

肺気腫の方の生活~症状を抑えるために~

肺気腫とは?

肺はブドウの房のように、肺胞と呼ばれる多数の粒が集まり一つの肺として機能しています。

この多数の粒である肺胞は、口から吸った酸素と血液を循環して集めてきた二酸化炭素を交換する役割、すなわちガス交換をする役割を持っています。

通常は息を口から吸うと、その吸った空気が肺に入ってきて、二酸化炭素を呼気中に吐きだします。しかし肺気腫の場合は、その吸空気を吐き出す時に、うまく肺から空気が出ていかなくなるのです。

 

その結果、肺胞が固くなってしまうことで肺の柔軟性がなくなります。

肺全体が膨張し、心臓を圧迫したりします。

 

症状は、息切れ・咳が出る・痩せる・痰が絡むなどの症状があるようです。

初期症状の息切れや息苦しさは活動時が多い様ですが、悪化すると安静にしていても症状が出るようになります。

 

肺気腫になる発症原因は特定されていませんが、肺気腫患者の多くは喫煙習慣があったことは分かっています。

 

他の要因として、ある酵素が生まれつき欠損しているからではないかと言われていますが、この先天性の欠損は日本人にはほとんどいないそうです。

 

つまり日本人の肺気腫の多くは、喫煙が原因のようです。

 

肺気腫の手術は、肺移移植や肺容量減少手術があります。

肺容量手術は拡張や破壊をした肺の一部を除去する手術です。

しかし出来る場合と出来ない場合がありますので、医師に相談することが必要です。

 

肺気腫と診断されたら(軽度の場合)

・激しい運動はできません

・激しい運動はできませんが、適度に動く事は必要です

・風邪予防に努めなければなりません

・禁煙しましょう(また家族に喫煙者がいる場合も同様です)

・抵抗力維持の為にも、規則正しい生活をしましょう

・肺を圧迫する前傾姿勢は避けましょう

 

軽度の場合は、生活の改善や気管支拡張剤等の薬により、ある程度の症状は抑えられます。

しかし重症化するにつれて、日常生活を正常におくれなくなります。重症化した方は、呼吸が出来ない苦しさを背負う事となります。

また一度重症化を経験してしまった場合、症状が緩和したとしても、苦しみの記憶が頭から離れず、ストレスとなってしまいます。

 

軽度のうちに、禁煙をしひどくならない様心がける必要があります。

本人だけでなく家族の協力も不可欠です。

 

難病の一つである若年性肺気腫って?

若年性肺気腫とは?

若年性肺気腫とは難病の一つです。若年性肺気腫は、55歳以下で発症した場合です。

 

肺気腫は総称してCOPDと呼ばれます。COPD全体では、日本だけでも500万人以上いると言われています。しかしCOPDの中で、若年性の肺気腫は極めて少ないそうです。

 

原因

原因は、未成年時からの喫煙、幼少期の肺炎や喘息などがつながっていると言われています。ちなみに、遺伝的要素も言われていますが、この要素でCOPDになっている日本人は少ないそうです。遺伝的要素以外のCOPDは遺伝することはありません。

 

若年性のCOPDとそうでないCOPDとで、COPDの経過の違いがあるかどうかはまだ分っていません。

 

治療

治療方法はありません。病気そのものを完治させる薬がないからです。ですので、この病気になったら必ず禁煙をしなくてはなりません。少しでも症状の悪化を防ぐためです。

 

若年性肺気腫の影響

合併症として、循環器系疾患・消化器系疾患などが挙げられます。

 

肺気腫になると、体を動かすのが怖くなり家に引きこもりがちです。しかし、適度な運動をしなくては、合併症のリスクが高まりますので、医師に相談しながら適度な運動を行いましょう。

 

風邪などの合併症も危険です。軽い風邪が肺炎のリスクを高めてしまうのです。肺気腫ではない方であれば何ともない風邪も、肺気腫の方にとっては重大な病です。

・冬のインフルエンザ前には、必ず予防接種を摂取しましょう。

・人ごみは避けましょう

・免疫力を高めるためにも日頃の生活を見直しましょう

 

喫煙者にとって禁煙はとても難しい事です。現在では禁煙外来という治療を行う機関もできています。どうしても自分の意思だけでは禁煙できないという方は、この禁煙外来を受診することをお勧めします。

 

タバコは、肺気腫だけでなく、他にも命に関わる重大な病気の引き金になるものです。早期に止める事で、あなたや家族の健康が守れます。

 

肺拡散能検査の結果が悪いと、どんな病気が考えられるの?肺気腫、間質性肺炎…

肺拡散能検査の結果が悪いということはガス交換が上手く出来ていないということでもあります。

呼吸自体は出来ているのに酸欠になるといった事態が起きます。

具体的に肺拡散能検査の結果が悪いことから考えられる病気を見ていきます。

 

●肺気腫

肺拡散能検査の結果が悪いことから考えられる病気の1つ目が肺気腫です。肺気腫になると呼吸困難になりチアノーゼが出ます。

その他にばち指、不安感などの症状も肺気腫になると出てくる特徴的な症状です。

また、呼吸機能については喘鳴、咳、痰、息切れなど気管支喘息や気管支炎に近い症状が出ます。

肺気腫は中年以降に多く、特に喫煙をしている場合は肺気腫のリスクが上がってしまうので注意が必要です。

肺拡散能検査の他に胸部X線検査、胸部CT検査などを行って肺気腫を判断します。

 

●間質性肺炎

歌手の美空ひばりさんが患っていた病気が間質性肺炎です。

間質性肺炎になると、ガス交換の際に通らなければいけない間質に炎症が出来て、ガス交換機能が低下します。そのせいで肺拡散能検査でも悪い結果が出てしまうのです。

肺気腫と同じように呼吸困難、呼吸不全などを引き起こすほかに、最終的に心不全になる可能性もあります。

進行が早い場合は数週間で死に至る恐ろしい病です。急性間質性肺炎では1-2週間以内に呼吸不全が起きると言われています。

肺拡散能検査は間質性肺炎の重症度判定に役立ち、ほかにはX線やCT検査などが行われます。また、血液検査では治療効果判定が可能となっています。

 

肺拡散能検査の結果わかる病気は、間質性肺炎や肺気腫など肺の方に問題がある病気が特徴的です。

もちろん喘息でもガス交換障害が起きないわけではありませんので、あらゆる検査をしたうえでの総合的な判断が欠かせません。

 

煙草を吸う人は「肺気腫」に要注意!

煙草を吸う方がなりやすい病気『肺気腫』知っていますか?

 

肺気腫とは?

息を口から吸うと、その吸った空気が杯に入ります。そこまでは普通の人と何ら変わりません。

しかし、その吸った空気を吐きだす時が問題です。

空気を吐きだす時、うまく肺から空気が出ていかないのです。

その結果、肺胞といって酸素と二酸化炭素を入れ替える組織が、拡張と破壊を繰り返し、ブラという袋を形成してしまいます。

その袋のせいで、肺全体が膨張し、心臓を圧迫したりします。

 

症状

息切れ・咳が出る・痩せる・痰が絡むなどの症状があります。

初めの息切れや息苦しさは体動時が多いですが、ひどくなると安静にしていても症状が出るようになります。

 

原因

原因ははっきり分っていませんが、肺気腫になる方の多くが喫煙歴があるということです。

また、ある酵素が生まれつき欠損しているからではないかと言われています。

 

治療方法

肺気腫に一度発症してしまうと、完治することはできません。

少しでも症状抑えるということが、課題となります。

日常生活で気を付けていれば、症状がほとんどでないということもあります。

初期の場合は、気管支拡張剤などで息苦しさを緩和させます。風邪をこじらせると肺炎を発症しやすいので気をつけましょう。

悪化している場合には、様々な治療が行われます。ひどくなれば在宅酸素療法を行う事もあります。

 

日常生活を正常におくれなくなってしまう、重大な病気なので異変に気づいたらすぐ病院を受診しましょう。

また、危険因子でもあるタバコは止めるようにし、副流煙の心配もありますので家族の方に肺気腫の方がいる場合は、気をつけましょう。

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺・気管支に関する記事

閉塞性換気障害とは?喫煙の影響は!閉塞性換気障害を引き起す疾患

閉塞性換気障害とは? 閉塞性換気障害とは、気道の閉塞障害のためにおこる肺の...

状態によっては救急へ!職業性喘息の原因~治療法、職業性肺疾患の良性塵肺症とは

         職業性喘息とは、職業に関連した粒子や気体などを吸い込んだた...


マイコプラズマは自然治癒可能?~薬が効かない?薬剤耐性菌にアロマで対策~

  誰しも一度は耳にしたことがあるやっかいな感染症、マイコプラズマ肺炎。 ...

今すぐ簡単にできる!しつこい咳を止める方法

咳の症状は自分でもなかなか抑えられずにつらいものです。 一時的に咳を止め...

カラダノートひろば

肺・気管支の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る