カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 基礎知識 >
  5. COPDの酸素療法の意味は?

生活習慣病

COPDの酸素療法の意味は?

 

 

COPDとは Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、慢性閉塞性肺疾患の事です。

肺気腫慢性気管支炎が含まれます。

 

原因

遺伝的な要因と、タバコや石綿などの有害物質を長期に吸いこむことによって肺や気管に慢性的な炎症が起こります。

 

COPDの症状と治療

炎症によって肺胞が壊れたり、気管支が細くなることによって呼吸障害を起こします。進行すると呼吸性アシドーシス肺性心(右心不全)になります。

 

根本的に治癒することはありませんが、予後を良くするためには治療は有効です。

治療方法としては、症状の進行を抑えるために禁煙をします。

そして状況に応じて、気管支拡張薬、呼吸器リハビリテーション、外科手術、食事療法、在宅酸素療法がおこなわれます。

 

在宅酸素療法の意味

みなさんも小さな酸素ボンベを携帯して、鼻から酸素チューブを挿入した方を見たことがあるかも知れません。おそらく、その殆どの方はCOPD患者でしょう。

 

COPD患者は呼吸機能が低下しているために体内に十分な酸素がいきわたっていません。血液中の酸素が不足すると、様々な臓器に負担がかかり命に関わる合併症を引き起こす可能性が出てきます。

酸素不足で記憶力や注意力が落ちることがあります。 

 

酸素療法を行う事によってこれらのリスクを低下させ、日常生活での息切れを改善させる効果も期待できます。

 

酸素の種類

液体酸素装置と、酸素濃縮機を使った方法とがあります。

ライフスタイルに合わせて、どちらのタイプを選べばいいのか医師と相談すればいいでしょう。

 

注意点

○酸素自体には燃える性質はありませんが支燃性があるので火器には注意が必要です。

ボンベ内は高圧になっているので、急激なバルブの開放や衝撃には要注意です。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/18-365563.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

COPDは遺伝するの? COPDの遺伝的因子について

慢性閉塞性肺疾患であるCOPDは、男性に多い肺の病気ですが、具体的にはどのよ...

喫煙は肺の機能を大幅に低下させる!COPDの治療の際の生活習慣

  COPDは日本語にすると慢性閉塞性肺疾患と言います。COPDは肺の生活...


COPD(肺気腫・慢性気管支炎)と疑うべき症状とは?診断してみよう

   COPD(肺気腫・慢性気管支炎)といわれても、一体どのような症状があるの...

死亡者も年々増加!日本人の死亡原因の10位!タバコ病ともいわれるCOPDってどんな病気?

  最近よくCOPDって聞きませんか?タバコと関係あるみたい ですが、い...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る