カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 注意点 >
  6. 2型糖尿病への糖質制限食(低糖質食)に科学的根拠はない!

生活習慣病

2型糖尿病への糖質制限食(低糖質食)に科学的根拠はない!

 

 日本糖尿病学会が2013年3月に出した提言で、2型糖尿病患者の糖質制限食(低糖質食)についての有効性や安全性を示すエビデンス(科学的根拠)は十分ではなく、現時点では薦められない、という見解を発表しました。

 

 

日本糖尿病学会の食事療法に関する委員会は、今までに発表された様々な論文やガイドラインに対して検証を行い以下のようなことを述べています。

○糖質制限食を行った研究のほとんどに総摂取カロリーに関する記述が少ない

○どの研究も観察期間が短く、長期的な効果と安全性について分からない

○腎機能障害を持つ患者に対しての効果と安全性が分からない

○糖質制限食によって悪玉コレステロールが増える

 

糖尿病患者が肥満を解消するためには

糖尿病予防・治療には肥満を解消して適正な体重にすることは重要だが、食事療法については総摂取カロリーの制限が最優先事項であるとしています。

 

炭水化物(糖質)のみを制限するダイエットは、安全性や有効性についての十分なエビデンス(科学的根拠)が無く、欧米人とは肥満度の違う日本人の適正な炭水化物摂取量についても情報量が少なく現時点では薦められない、といった見解を示しています。

 

さらに、栄養素組成だけでなく食事療法の実践やチームケアなど全般に渡って調査・研究をすすめエビデンスを構築していくとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 ○参考URL ~日本糖尿病学会~

 日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言

 //www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=40

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/03/15-359549.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

糖尿病の食事療法!外食時に気をつけなければいけないこと

  糖尿病で食事療法している人は、どうしても仕事が忙しいときなど、外食や調理済...

食事療法の効果を最大にする為に!運動で腸内環境正常化

  食事療法と運動療法は糖尿病治療において、最も重要視されます。食事療法は血糖...


スポーツドリンクも要注意?糖尿病患者がアルコールやお菓子で注意すべきこと3つ

糖尿病の代表的な治療方法である食事療法ですが、注意すべきは3度の食事だけでは...

アルコールの取り方

 アルコールは取り方によっては肥満の原因となる事となります。アルコールにも様々な...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る