カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. コレラ >
  5. 危険!コレラにかかると下痢で体内が酸性に偏る?「代謝性アシドーシス」

気になる病気・症状

危険!コレラにかかると下痢で体内が酸性に偏る?「代謝性アシドーシス」

 

 

 コレラはコレラ菌に汚染された食品や水を摂取することによって起こる感染症です。

 

現在の日本国内では感染する事はほぼなく、ほとんどが海外旅行などで感染してきます。

 

 コレラの症状

1~2日の潜伏期間を経て、下痢と嘔吐を起こします。

重症の場合には“米のとぎ汁様便”と言われるほどの白っぽい大量の下痢を引き起こします。

 下痢に伴う脱水症状、またアルカリ性の腸液を大量に喪失することにより代謝性アシドーシスになります。

 眼球の陥没したコレラ様顔貌、かすれ声、意識消失、弾力と水気のない皮膚、低カリウム血症によるけいれん、となり死に至ることもあります。

 

現在の日本では軽症患者が多数を占めますが、高齢者や胃切除患者は重症化しやすいので注意が必要です。

 

治療方法

 輸液によって失われた水分と電解質を取り戻します。

また、抗菌薬によってコレラ菌を除菌し、感染が広がるのを防ぎます。

 

旅行に行く前に

厚生労働省検疫所//www.forth.go.jp/や、外務省の渡航関連情報//www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.htmlで旅行先の衛生状況を確認することができます。

 

予防法

下水設備が整っていない国では、生水や生食品を摂取しないことが大切です。

輸入食品から感染することもあるので注意が必要です。

 

コレラ菌は便の中に排出されるので、自身や家族が感染した場合には手洗いを励行して感染拡大の防止に努めましょう。

 

子供がコレラに感染したら

 コレラは“学校保健安全施行規則に定める学校感染症”の第3種に定められています。

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまでは出席停止期間となります。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/05/07-036442.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

コレラに関する記事

海外旅行で気を付けたい感染症「コレラ」

      厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を...

海外でコレラにかかったらどうする?

  コレラは日本国内でかかるよりも海外でかかる方が圧倒的に多い病気と言われてい...


東南アジアやアフリカ渡航前に要チェック!コレラワクチンについて

  歴史の教科書などでもおなじみの感染症といえばコレラです。コレラは経口感染に...

カラダノートひろば

コレラの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る