カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 海外旅行準備 >
  4. ヒトに感染する新種のウイルス、コロナウイルスについて知り感染予防しよう!

健康診断・健康管理

ヒトに感染する新種のウイルス、コロナウイルスについて知り感染予防しよう!

ニュースなどでも取り上げられた、新種のコロナウイルス(nCoV)のヒトへの感染の状況についてまとめました。海外への渡航予定などがある場合には注意してください。

 

発生時期

2013年3月末~5月上旬

 

発生している国と人数

・ヨルダン:2名

・カタール:2名

・サウジアラビア:23名

・英国:2名

・アラブ首長国連邦:1名

患者の多くは男性(29名中23名※1名は性別の報告がされていない)

 

症状・状態

患者の多くは、入院が必要レベルの重度の急性呼吸器症状(肺炎・咳・くしゃみ)を示している。高度な人工呼吸器療法を施したが、うち18名が死亡。

 

感染の状況

ヨルダンの医療機関で集団感染があり、感染拡大の可能性があると考えられています。英国の感染についてはサウジアラビアから帰国後まもなく発生、濃厚接触においてウイルス感染した可能性があることが確認されています。

 

サウジアラビアの集団感染は、単一医療機関での感染とされていて、患者の多くに併存疾患が確認されています。いずれも市街などでの急速な感染拡大は確認はされていません。

 

治療について

現時点では回復期患者からの血清療法が有効とされているそうです。血清の採取・共有を行うため、WHOより流行各国の保険機関に血清を管理するセンターなどの立ち上げの勧告がされているそうです。

 

現在の状況

各国の患者より採取したウイルスにて、研究・解析を進められています。コウモリ由来のウイルスとある程度類似しているということですが、似ているからといってそれが感染源になるウイルス、宿主になるとは限りません。また、これまでに、動物の個体よりnCoV自体は見つかっていません。

 

最新の情報・サーベイランスなど

厚生労働省検疫所のHPに情報が随時更新されています。渡航予定がある方は、こちらを参考にしてください。

厚生省検疫所HP

 

現在は大きな広がりを見せていないですが、以前流行した、SARSコロナウイルスは2カ月ほどたってから爆発的な流行を見せました。今回のウイルスはウイルスの実態、感染経路についてまだ解明がされていないため、予防法も確立できていないのが現状です。海外旅行・渡航時は最低限の予防(手洗いうがい、マスクなど)や渡航先の情報について確認し、注意を行いましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●肺炎はうつる?知っておきたいさまざまな肺炎!

 

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海外旅行準備に関する記事

アフリカで失明しないために!~オコンセルカ症~

    海外でも健康に過ごすために、厚生労働省検疫所から注意した方が良い病気...

楽しみな海外旅行!でも国によっては、ワクチン接種義務が!出発前に準備しよう

  これから始まる海外旅行に気分は最高潮。 しかし、それだけの良い気分を...


帰国後の体調不良…海外旅行で感染症?こんな症状が出たら!どうすればいい?

  海外旅行からの帰国途中・帰国後に体調の異変を感じることは少なからずあり...

アフリカに旅行する方は要注意!熱帯雨林にでるアブに気をつけて!

     アフリカ熱帯雨林では、アブを介して感染するフィラリア類の感染症とし...

カラダノートひろば

海外旅行準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る