カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. マッサージ >
  4. 鍼灸 >
  5. 東洋医学的にみた下痢とは

健康診断・健康管理

東洋医学的にみた下痢とは

 

 疾患や細菌を原因としない単純性下痢心因性下痢といった症状は鍼灸治療によって改善を図ることができます。

 たかが下痢とはいえ、頻繁に繰り返して大量にアルカリ性の腸液を失うと身体の電解質バランスが崩れます。軽ければ身体のダルさや疲れやすさを感じ、重くなると代謝性アシドーシスと言って血液が酸性に傾いてしまうこともあります。

 

外邪による下痢

湿気が脾(胃)の栄養を運ぶ機能を失調させて下痢が起こります。

 

傷食による下痢

過食、脂っこいもの、生もの、冷たいものを食べすぎると脾胃が損傷されます。腸の食物を通す機能、脾胃の吸収した栄養を昇降させる機能が失調して下痢になります。

 

肝鬱による下痢

胃腸の弱い人がストレスや緊張を感じて肝鬱になって、脾の栄養を運ぶ機能を失調させて起こります。

 

脾胃虚弱による下痢

暴飲暴食、不健康な食生活、過労、病気による長期臥床によって脾胃の機能が衰えることによって下痢になります。

 

腎陽虚による下痢

老化によって腎気が減ってしまい、腎気が脾を温められずに下痢を起こします。

 

 

 鍼灸院の選び方

病院には内科や外科、皮膚科や神経科を様々な専門科があります。

鍼灸院にはそのような専門科はありませんが、鍼灸師それぞれに得手不得手があります。

上で述べたような中医学的な領域が得意なものもいれば、筋肉や関節などの運動器疾患が得意な鍼灸師もいます。

 まずは貴方の下痢の状態を問い合わせてみて、見てもらえるかどうか聞いてみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/18-365607.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鍼灸に関する記事

実はあまり知らない…お灸の効果って?

  お灸は、その昔遣隋使や遣唐使が中国から持ち帰ったという、伝統中医学のひとつ...

鍼治療が痛くないってホント?良いことたくさんの鍼治療

鍼治療の効果 鍼治療は、中医学などの影響を受けた伝統医学のひとつだといわれてい...


鍼灸の基礎になっている東洋医学とは?東洋医学の特徴

鍼灸の基礎になっている東洋医学では、西洋医学とは異なった観点から体を見ていま...

カラダノートひろば

鍼灸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る