カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. どんな風に行われる? 気になる痔の検査

気になる病気・症状

どんな風に行われる? 気になる痔の検査

「よし、痔の診察を受けよう!」と思っても初めての肛門科はなかなかハードルが高いものですよね。

 

ここでは一般的な診察の流れを確認していきます。

 

1.問診 

どういった症状なのか、どのくらいの期間患っているかなどの質問を受けます。病院によっては受付で問診表をもらって記入する場合もあります。

 

2.視診・触診・肛門指診 

現在、2~3時には「シムス体位」という姿勢で行われるのが一般的です。

これはベッドに横向きになるため、医師と顔を合せずに診察を受けることができます。

 

下着は必要な分だけずらす、上からタオルをかける、など恥ずかしい思いをしなくて済むような配慮がされます。

 

ゴム手袋をし、麻酔作用のある潤滑剤を使った上で行われます。痛みが起こる場合もありますが、体の力を抜くことで痛みを抑えられます。

 

3.肛門鏡検査・大腸内視鏡検査 

肛門鏡で肛門を広げ、痔の状態を確認します。2と同様に麻酔作用のある潤滑剤が使われるのでほとんど痛みはありません。

 

直腸に原因があると疑われる場合にはこれに加えて内視鏡での検査も行われます。従来の診察法よりも痛みが少なく、奥まで確認することができます。

 

こちらの場合には、浣腸や下剤で腸内を綺麗にしてから行われます。

  

4.診断結果と治療方法の確認 

これらの結果を踏まえ、診断結果が下されます。患者の希望などと照らし合わせながら最適な治療法を決定します。 

 

いかがでしょうか?これまでのような「痛い」「恥ずかしい」痔の診察は現在では行われていません。肩の力を抜いて診察を受けましょう! 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

 

著者: ねねちゃんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔に関する記事

痔に鍼灸治療!

     食の欧米化が進み食物繊維が不足することによって便秘になる人が増えて...

辛いもの好きは要注意!食べ過ぎると「痔」になるって本当?

「痔に香辛料はダメ!」とよく言いますよね。なぜ香辛料が痔に良くないのでしょうか...


痔にとって市販薬は一時的な助けと考えよう

  手軽に買えて痛みを抑えてくれる市販薬ですが、多くの場合は根本治療にはならな...

便に血が?!便は健康のバロメータ!知っておきたい便からわかる病気

血便は、消化管の異変を知る大きな手がかりです。 排便後、トイレの便器が血で染...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る